相葉雅紀★ラジオで流した★Still…★やめてよ、泣くじゃんの声続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★ラジオで流した★Still…★やめてよ、泣くじゃんの声続出」の事をお伝えしたいと思います。

「2月8日」深夜に放送の「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」で、「相葉雅紀」があらためて活動休止についての思いを「リスナー」に明かしました。

番組冒頭で「ちょっと突然の発表にはなってしまいましたけども、発表させていただきました。2020年12月31日をもって嵐としてのグループ活動を一旦休止すると。もう会見でもコメントでも、ファンのみなさんへの動画でも語ったことがすべてなんですけども、何度も何度もメンバーと話し合って出した答えで、みんなで納得した声がひとつ出せたな、と」と切り出した「相葉雅紀」は、「いや、ほんとに寂しい思いをしてる方たちもたくさんいると思うけども」と、突然の発表で驚かせてしまった「ファン」を思いやる言葉も伝えました。




「嵐ファン歴18年」の「リスナー」から、「悲しいという思いはすごく強いのですが、20年間ファンのために走り続けてきてくれた5人には感謝の気持ちでいっぱいです。私たちに幸せをくれた分、嵐さんにも幸せになってもらいたいです。5人がまた再始動してくれるのを願いつつ、20周年を盛大にお祝いさせていただきます「一部省略」」という「メッセージ」が寄せられると「本当に、こちらこそ本当に感謝の気持ちでいっぱいで、みんながいたからいろんな景色を見せてもらったし、ね~ちょっと本当に」と、感極まった様子の「相葉雅紀」でした。

また「他リスナー」の、「突然ですが、今私たち嵐ファンが掲げているスローガンを知っていますか?それは「今日から嵐ファン全員で嵐5人全員幸せにしてやるよ」です。今まで嵐からたくさんのものをもらいました。今度は私たちがお返しをする番です。これからも嵐5人の幸せを願って応援し続けます」という「メッセージ」には、「いやいやいや、ほんっとうにうれしいことをね。うわぁ 凄いなぁ。ほんとにみんなに愛されているグループなんだなぁと、あらためてね、感謝の気持ちでいっぱいです」と、「ファン」の思いをしっかりと受け取りつつ、しんみりと語っていたのでした。

そして「いや、こちらがほんとにね、楽しませないといけないので。まぁ、あと決められた時間になってしまいますけども全力でね、まずは楽しんでもらえるようなパフォーマンスを100%、120%でしていきますので、みなさんこれからもついてきてください!」と、呼びかけていました。




その後、番組内で流す楽曲として「嵐20作目」の「シングル」「Happiness」「2007」の「カップリング曲」「Still…」を選んだ「相葉雅紀」です。この曲の「ラップ」は「櫻井翔」が作詞したものですが、元々は「櫻井翔」自作の「どこにいても」という曲中の「ラップ」を手直ししたものとされ、以前、「櫻井翔」は「完全に友情の歌」と語っていたこともあります。

さらに、当時の「ファン」の間では「海外へ旅立つ友人へ向けて別れ際に贈った歌詞らしい」「絆を題材にしている」などの臆測もあった歌なだけに、「ファンと嵐が思うstill… という曲への思いがリンクしてるみたいでうれしくてちょっと切ない」「still…とかやめてよ、泣くじゃん」「冒頭から泣けてきたところへのstill…」「嵐さん、相葉さんとファンは気持ちが通じ合えてると思った」といった声が多く集まっていました。

「ファン」には全ての曲が大切な中で「still…」を選曲した「相葉雅紀」の優しさに改めて「ファン」を感動に導きましたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。