錦戸亮&安田章大★Wボーカルに激アツ★QUEEN特集大反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮&安田章大★Wボーカルに激アツ★QUEEN特集大反響」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「2月10日」は、「バンド誕生」から「メンバー」たちの苦悩までを描き、作中でも多数の楽曲が使われ興行収入「100億円突破」と「大ヒット」中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を受けて、「遅ればせながらの「“QUEEN”」特集」が放送されました。

「QUEEN」をよく知らない人でも「曲を聞けば一度は聞いたことがある」というほど、日本においても、さまざまな場面でよく使われている「QUEEN楽曲」ですが、今回は「音楽プロデューサー」の「本間昭光」と「THE YELLOW MONKEY」の「ベースシスト」「HEESEY」「廣瀬洋一」、「ギタリスト」「EMMA」「菊池英昭」が唯一無二の「QUEENサウンド」について熱い解説を繰り広げました。




「ギタリスト」の「ブライアン・メイ」については、独特の手法や音へのこだわりについて深く掘り下げた特集が組まれ、視聴者からも「ブライアン・メイのギターやジョン・ディーコンのベースについて、わいわい語られているのは初めて見たし、めちゃ面白かった」「QUEENを特集した番組の中で一番良かった気がする」と絶賛の声が上がることになりました。

特に、「ブライアン・メイ」がこだわった自作の「ギター」「レッド・スペシャル」の「レプリカ制作」を、日本で唯一許されたという「職人・伊集院さん」の登場には、解説の「アーティスト」たちも大興奮しました。さらに「どうやって調べたんですか?ここの板はここのを使ってとかみたいな」という「錦戸亮」の質問に「一番最初は写真。写真で見た目から」という答えが返ってくると、そこから本人に認めてもらうまでに至った「伊集院さん」の行動力に、「錦戸亮」や「村上信五」は絶句しました。

さらに「伊集院さん」の「いや、僕 作る方にばっかり興味がいってしまって。あんまり弾かない」との告白には、ひな壇で目を丸くして驚き固まる「関ジャニ∞」の「ギタリスト・安田章大」の姿が映し出されていました。




ただ、「レッド・スペシャル」は「「ブライアンが」セオリーを無視したサイズ感「で作っているので、ネックが」太かったり」とかなり弾きにくい「サイズ」になっているといいます。実際に持ってみた「錦戸亮」も、「うわっ!カットギターみたいな」と驚き、「握ってみ?」と「安田章大」に「バトンタッチ」しました。「安田章大」も「これは、無理だよ」と驚きの声を上げていたのでした。

そんな中で今回は、「QUEEN」の「メドレー」を「錦戸亮&安田章大」の「Wボーカル」で「セッション」しました。その内容は、「関ジャニ∞」の「ファン」以外からも「関ジャニ∞のバンド激アツだな」「安田くんがクイーンのライブバージョンアレンジで歌ってくれたのがよかった」などの声が集まり、高評価を得ていたのでした。

「関ジャニ∞ファン」でなくともこれだけの特集を企画してくれたら「QUEENファン」も大満足な時間になったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。