岡本圭人★留学先にファン押し掛け報道★日本の恥との批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岡本圭人★留学先にファン押し掛け報道★日本の恥との批判」の事をお伝えしたいと思います。

「昨年9月」から「アメリカ」の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ「ニューヨーク校」」に留学し、現在は活動を休止している、「Hey!Sey!JUMP・岡本圭人」です。留学から約半年が経過した中、「週刊女性」「2019年2月26日号」「主婦と生活社」で、一部の「ファン」が度重なる「マナー違反」を犯していると報じられ、批判の声が続出しています。

記事によると、学校に来て座り込んだり、騒ぎ出す「ファン」が「6~7人」もいるそうです。さらに、学校に「岡本圭人」宛ての「ファンレター」が届いて困っているとの学校関係者の証言も記載されていました。実は「1月22日」に更新された「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」の個人連載「KEITOpinipn~けいとのひとりごと~」にて、「岡本圭人」自ら「ファンレターを学校宛に送らないで頂けると助かります」と「ファン」にお願いをしていました。「すごく嬉しいし、元気も頂けるのですが」と感謝した上で、「これ以上届いたら、何か方法を考えないといけないと「学校側に」言われてしまって」とつづっており、「岡本圭人」が学校から注意を受けたているのは間違いないようです。




一部とはいえ、「マナー違反」を犯す「ファン」に対して「岡本圭人」自身も手を焼いているようですが、「ネット」上でも「ジャニオタ、さすがにヤバいだろ」「座り込みとか本当引く こんなのはファンじゃない」「日本の恥。海外まで行ってやめてほしい」と「岡本圭人」へ同情の声が上がっています。一方で、「学校名を公表したジャニーズ事務所にも責任がある」「事務所が学校名を伏せておけばよかったのでは?」との指摘もあるようです。

通常、「タレント」が海外留学するときは、行き先を告げても詳細を公表することはほとんどありません。ですが「岡本圭人」の場合は、留学の「約1カ月前」から活動を休止することもあってか、「ジャニーズ事務所」が学校名まで公表しました。現在も「Johnny’s web」では、「グループトップページ」の目立つ位置に留学についてのお知らせが掲載されており、学校名も書かれています。「ネット」上では、「ファン」の「マナー違反」を批判しつつも「場所がわかってるなら、待ち伏せしたくなる気持ちもわかる」という声も出ているだけに、事務所の対応次第では防げることだったかもしれません。

昨年、一昨年と「2年連続」で、「メンバー」の「八乙女光」が「Johnny’s web」の連載「JUMPaper」にて「ファン」の「マナー違反」に苦言を呈しており、近年は特に、同じ「ジャニーズファン」の間でも「Hey!Sey!JUMPのファンはマナーが悪い」と言われている状態です。




このような「マナー違反」を犯しているのはごく一部のようです。ほとんどの「ファン」は「マナー」を守って楽しく応援しているだけに、今回の「岡本圭人」の騒動についても「ほかのJUMPファンを下げるような行為はやめて!」「またJUMPのファンがマナー悪いって言われる。いい加減にしてほしい」と憤る声も上がっています。

「岡本圭人」」や学校に迷惑がかかるだけでなく、「JUMPファン」、さらには「ジャニーズファン」の品格まで疑われかねない今回の騒動です。事務所側の具体的な対応も含め、状況が改善されることを願いたいですね。

「ファン」の心理とすれば「岡本圭人」と同じ気持ちになりたいがために押しかけているようですが、応援するのと迷惑をかけるのとは全く意味が違うように思います。留学が終われば一回り成長した「岡本圭人」が見られるのだからその時までのお楽しみにすればいいと思うのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。