キンキ★嫉妬した同世代での中山優馬★嫉妬されてる方でしたに反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キンキ★嫉妬した同世代での中山優馬★嫉妬されてる方でしたに反響」の事をお伝えしたいと思います。

「2月16日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「生田斗真」と「中山優馬」が「ゲスト出演」しました。

「2人」のやりたいこととは、「おいしい物を食べたい!」というものでした。そこで、料理好きで「マイ包丁」を「4本」も持つという「中山優馬」が居酒屋を貸し切り、「ゆうま亭」として「KinKi Kids&生田斗真」の「先輩3人」をもてなすという展開となりました。

前日から築地場外市場で魚の買い出しをしてこの日に臨んだという「中山優馬」は、気合十分でした。まずは刺身の盛り合わせを作るため、「シマアジ」の鱗をとっているところを、「カメラマン」が「胃カメラ」のような細い「カメラ」で魚に寄りながら撮影していると、「堂本光一」が「なんかエロいね。すっげぇなんかエロいんですけど」と、その様子に大興奮しました。




そんな中、「トーク」は「生田斗真」が「2007年」の「堂本光一主演舞台」「Endless SHOCK」に出演した時の話になりました。「感動するシーンで、僕らはワーって泣いて、光一くんに思いを吐露するシーンで、普段光一さん泣かないのにその日ボロボロ泣いてたんですよ。珍しいと思ってすごく自分も引っ張られて、全体的にすごい良いシーンになったんです。あとから楽屋にいらっしゃって「俺、泣いたと思ったでしょ?あれ目にゴミ入っただけだから。ハハハハ」って言って帰ってったの」と暴露し、「涙を返してくれ!」と「ズバリ」。これに「中山優馬」は、「それは、でも照れ隠しみたいな」と予想すると、「堂本光一」は「ニヤニヤ」しながら「どっちだろうな〜」と結論は出しませんでした。

すると、同じく昨年「Endless SHOCK」で「堂本光一」と共演した「中山優馬」に、「堂本剛」が「優馬からもなんか、あの時なんやったんですかって」と「堂本光一」に聞きたいことがあるなら、と話を振ると、「そうですね」と特に「エピソード」は出てこずでした。「なにもねぇのかよ!」と「堂本光一」に突っ込まれ、周囲の笑いを誘ったのでした。

そして、「KinKi Kids」と初対面の時の話となり、「中山優馬」が初めて「堂本光一」を見たのは、「大阪城ホール」で行われた「堂本光一」の「ソロライブ」で、その時に行われた「オーディション」で「ジャニーズ事務所」に入所したことを告白しました。ですが、人生で初の「ライブ観賞」であり、会場も暗かったため途中で寝てしまったと言い、「あの時はどうもすみませんでした」と「堂本光一」に謝罪したのでした。

「生田斗真」と「KinKi Kids」の初対面はというと、当時稽古場にしていた「テレビ朝日の1リハ」だったと話し、「剛さんも光一さんも、いつも帽子をここくらい「鼻下」まで被ってるんですよ。それ、かっこいいと思ってマネしてたもん」と告白しました。




その後も「トーク」は続き、「Jr.時代に内心嫉妬した同世代」というお題がでると、「生田斗真」の同期は「96年入所」の「嵐・松本潤、二宮和也、相葉雅紀、山下智久」と話し、「山下智久なんかは、昔からかわいい顔してたし、僕なんかはいじられキャラでお調子者の立ち位置にいたんですよね」と「山下智久」のかわいい「キャラ」がいいなと思ったことはあると告白しました。

一方、「中山優馬」の同期は「ジャニーズWEST」の「藤井流星、重岡大毅」だと話し、「僕、でも最初の方からセンターに立たせてもらったりしてたんで、結構「嫉妬」されてる方でしたね。でもイジリですけど、横山「裕、関ジャニ∞」くんとかに「こいつは、すぐマイク持ってセンター立つから嫌いやねん」みたいなことをずっと何年間もいじられました」と語っていたのでした。

そして、「中山優馬」が作った「刺身盛り合わせ、「キンキ」の煮付け、鯛飯」を食した「3人」は、「“おいしい”」と大絶賛しました。この放送に「ネット」上では、「優馬くんがあんなに魚料理うまいとは知らなかった」「ジャニーズの後輩くんの回は面白い。ジャニーズトーク好き」「中山優馬くんが自由すぎる先輩たちの中ですごく頑張ってて、料理も上手で可愛かった」などの声や、「「嫉妬されてるほうでした」と言える、スペオキ優馬くんの強さとつらさ」「嫉妬した、嫉妬された、どちらもつらいよね」「「嫉妬される側でした」ってはっきり言えるのかっこいいけど、本当大変だったろうな」と「中山優馬」の発言に胸を痛める「コメント」が上がったのでした。

ほとんどの「ジャニーズアイドル」も「Jr.時代」には下積みの時代があったことは間違いないでしょうね。嫉妬したりされたりがあったからこそ今があるんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。