宮田俊哉★アニソン回★人生30年間で一番俺を泣かせた★畑亜貴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★アニソン回★人生30年間で一番俺を泣かせた★畑亜貴」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」の「2月17日」放送回では、「トークゲスト」に「アニメ」大好き「ジャニーズ」の「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」を加えて「知らない人でも楽しめるアニソン大特集」が行われました。




今回は「スタジオ」に、「アニメ」の原作も手掛ける「音楽プロデューサー」の「上松範康」、「アニメ」「けものフレンズ」「テレビ東京」の「オープニング曲」を作詞作曲した「音楽クリエイター」の「大石昌良」、そして「アニソン評論家」の「冨田明宏」を迎え、「アニソン」の歴史や現代の「アニソン」の特徴などを解説していきました。

「宮田俊哉」は、「ゲスト」の「3人」を前に「神ですよ!もう創造神ですよ!眩しすぎて見えないですよ、もう」と冒頭から大興奮します。声優であり「アーティスト」でもある「水樹奈々」の「大ファン」である「宮田俊哉」は、映像で流れた「ライブ」にも「僕行ってますよ!」と喜々として「コメント」したのでした。そんな中、声優の「ライブ」について、「横山裕」から「あれは水樹奈々さんが歌ってて、キャラとして見るの?それとも水樹奈々さんとして見るの?」と質問されると、「「“水樹奈々さんのライブ”」って言われたら、水樹奈々さんを見に行く」と「宮田俊哉」。

そして、「テイルズ オブ シンフォニア」など「キャラ」として出演する「ライブ」については、あくまでも「“キャラクター”」を見に行く感覚と説明し、この発言に「ネット」上は「完全に同じ考え」「本当これ」「宮田くんわかってる!」と共感する声が続出しました。さらには、「アニソン業界」の主要人物として、「シンガーソングライター」でもあり「作詞家・作曲家」の顔を持つ「畑亜貴」について、「人生30年間で一番俺を泣かせたのは畑亜貴さん」と「宮田俊哉」は宣言し、再び「名言すぎ」「いいこと言うね」と称賛を集めたのでした。




そして、歌いながら「バトル」する「アニメ」「戦姫絶唱シンフォギア」「TOKYO MXほか」の「アフレコ」は、「画面を見てセリフと歌を合わせながら殴り歌ったり「する」」と、声優たちが実際に「バトルシーン」を再現していると「上松範康」から明かされると、「宮田俊哉」は「もう一度シンフォギア頭から見直しますわ!めっちゃ見たくなった!」と大興奮しました。

「ジャムセッション」では、「けものフレンズ」の「オープニング曲」「ようこそジャパリパークへ」を、「大石昌良」と「丸山隆平」が披露しました。視聴者からは、「丸山くん歌うまい。知らんかった。好きな声質」「丸山さんとの歌はぴったりで聞いてて楽しくなるな~」「丸山くん、めっちゃ歌うまくて驚いた」「関ジャニ∞丸山くん、原曲であんなかっこよく歌えるとかスゴイ」との声が続出しました。普段は、あまり「メイン」で歌っていないだけに、「丸山隆平」の歌唱力に驚いたという人が多くいたようでした。

「宮田俊哉」の本気度を見る限り文句の付けようがないくらいに純粋な気持ちが伝わってきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。