WEST★楽屋で爆笑した★桐山照史のオトン★フレディ・マーキュリーソックリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「WEST★楽屋で爆笑した★桐山照史のオトン★フレディ・マーキュリーソックリ」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。「2月16日」深夜の放送回には「中間淳太」と「重岡大毅」が登場し、「1月3日」から始まった「コンサートツアー」「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2019 WESTV!」を振り返る場面がありました。

新年早々、「濱田崇裕」が「インフルエンザ」にかかり「1月8日・9日」に行われた愛知公演の出演を見合わせる「アクシデント」がありました。これについて、「中間淳太」が「濱田はちょっと病気になって、出れない公演もありまして。あの時は濱ちゃんファンのみなさんに申し訳なかったんですけど」と切り出し、「みんなで乗り越えたよな、そこは」と、「メンバー」の絆が強くなる出来事だったと振り返りました。




さらに、「重岡大毅」が「濱田崇裕」と「神山智洋」の「3人」で「ユニット」を組んだ楽曲「間違っちゃいない」を歌う場面では、「神山智洋」の提案で「ファン」が持つ「ペンライト」の色を「濱田崇裕」の「メンバーカラー」である紫にする演出が加わったようで、当日は「コンサート」に訪れた「ファン」や、情報を聞いた「ファン」から「ペンライト紫にするとか 神ちゃんありがとう!」「神ちゃんのメンバーを思う気持ちに泣ける」「濱ちゃん、これは泣くって~!」と大きな反響が集まっていました。

そのとき、感極まっている「重岡大毅」と「神山智洋」が「濱ちゃん聞こえてるか~?」「濱ちゃんに捧げる~」と叫んでいるのを見て、「中間淳太」は「青空に濱田の笑顔が浮かびましたよ」「ええヤツやったな~って」と「濱田崇裕」の顔が浮かんでいたことを「ラジオ」で明かし、「重岡大毅」から「死んでしまった人みたいやん。死んでない、死んでない!」と「ツッコ」まれていたのでした。

またこの日は、「いまさらなんですが」と前置きがあった上で、年末年始の「ジャニーズカウントダウンコンサート2018-2019」で「ジャニーズWEST」全員が「QUEEN」の「フレディ・マーキュリー」に扮して「Kis-My-Ft2」の「Everybody Go」「2011」を歌ったことについて、「最高でした。カウコンでもこんなことしてるのかと驚き、すごいなと思いました。手の動きが特徴的だったり顔が凛々しかったり7人が違うイメージなのかなと感じましたが、どういうイメージで踊っていましたか?」という「リスナー」からの質問が読み上げられました。




これに、もともと「QUEENファン」だという「重岡大毅」が「なにも考えてない。だから、おるのかも。俺の中にフレディ・マーキュリーが」と語ると、「中間淳太」は昨年公開され「大ヒット」中の「QUEEN」の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見たためか、「気持ちは入りやすかったよ。姿勢とか意識してめちゃくちゃ胸張って、お尻プリンとして」と、「フレディ」になりきることができていたようです。ですが、そんな中で「桐山照史」だけは「「髭つけてタンクトップ」あれはね、もう照史のオトンらしい。まんま顔「笑」」と自身の父親に似てしまったらしく、「メンバー」が楽屋で爆笑していたと「重岡大毅」が明かしていたのでした。

一方で、「初笑いにしたかったし、WESTらしいことしたいなって」「中間」「あれは大きな一歩だと思いますよ。またこれ次はやりやすいと思うし。「前回やってたなあいつら。今回もやんのかな?」みたいなのを続けていきたい」「重岡」と、「グループ」にとっては大きな挑戦だったとも語っていました。

最近落ち着いてきた「イメージ」の「関ジャニ∞」のあとを継いで、「WEST」にはぜひこれからも「ジャニーズ」の「“お笑い枠”」として頑張ってほしいものですね。

「桐山照史」のお父さんとの親子共演を「ファン」は見てみたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。