村上信五★プロデューサー業進出★大西流星&道枝駿佑★お笑い指導

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★プロデューサー業進出★大西流星&道枝駿佑★お笑い指導」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「2月20日」深夜放送回では、「村上信五」が「関西ジャニーズJr.」に「ロケ」を「“熱血指導”」し、その出来栄えを採点する「頑固プロデューサー村上が行く!」の「コーナー」が放送されました。

これまでこの「コーナー」で「ロケ」に挑んだ「関西Jr.」は、いずれも思うように結果が残せず、「村上信五プロデューサー」による「ダメ出し」の嵐に合いました。昨年「10月」放送の、「末澤誠也」と「なにわ男子・高橋恭平」が出演した回では、緊張のあまり自分たちの感想ばかり語ってしまい、そのまま「ロケ」が終了してしまいました。「村上信五」から「ロケ先のお店への感謝が足りない!」と厳しい指導が入っていました。




「関西Jr.」にとっては「“修行の場”」となっているようですが、今回「ロケ」に挑戦するのは、「関西Jr.」「内ユニット」「なにわ男子」の「メンバー大西流星・道枝駿佑」です。この「コーナー」初登場の「道枝駿佑」は特に緊張した様子で、完全に「“台本通り”」の進行を披露しました。そんな「道枝駿佑」を袖で見守っていた「村上信五」が「そんなに台本通りに入らんでもええんねんで!」と声を掛け、後輩の緊張をほぐしてあげる一幕もありました。

今回の「ロケ」では「“足のボクシング”」とも言われ、多彩な蹴り技が特徴的な「スポーツ・テコンドー」に挑戦しました。「村上信五」は今回「おもしろとマジメのバランス」を「テーマ」に掲げ、「大西流星・道枝駿佑」を見守りました。「テコンドー道場」に着くと、まず「大西流星」が数々の「トロフィー」について「コメントしました。「ポイント」を押さえた的確な「コメント」には、「村上信五」が思わず「いい、いい!」と感心の声を上げ、幸先のいい「スタート」を切りました。その後も、実際に前蹴りと回し蹴りに挑戦した「2人」の前向きな取り組み方に、「村上信五」は「「“使いしろ”」が多い」と「コメント」しました。司会者としても活躍する「村上信五」ならではの視点で、「2人」のことを高評価していました。

その後も「ロケ」は順調に進んでいくのですが、順調すぎたため「ここまでが出来過ぎてるから、それをフリにしてひょうきんなところが見たい」と要求した「村上信五」です。さらに「狙ってやるとキツイから、本気でやってそれが出たら100点」と、難易度の高い課題を与えます。これを受け、かかと落としに挑戦した「道枝駿佑」は、豪快に足をすべらせ、尻もちをついて転んでしまったのでした。これはまさに、「マジメ」な姿勢から生まれた「ハプニング」。理想の展開を目の当たりにした「村上信五」は「うわあ~いいねえ!それだよ、それ!」と大興奮していました。




今回の放送に対して、「関西Jr.」の「ファン」からは「村上くんに褒められる流星くんとみっちーが誇らしかった!」「さすが、なにわ男子のマジメコンビ!これからもいろんなロケ見たいな」「神と運が味方した、すばらしくおもしろいロケでした!村上さん、ありがとう!」と、喜びと「村上信五」への感謝の声が多数寄せられていました。

「村上信五」も納得の結果を残した「関西ジャニーズJr.」が、「バラエティー番組」を席巻する日はそう遠くないのかもしれないですね。

「村上信五」も「滝沢秀明」のように「プロデューサー業」に転身する日も近いかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。