長瀬智也&国分太一★最低だ!最低な人だ!★呆れかえった先輩ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長瀬智也&国分太一★最低だ!最低な人だ!★呆れかえった先輩ジャニーズ」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「2月20日」に放送され、「ゲスト」に女優の「二階堂ふみ」が登場しました。今回の内容は、番組前半に「人気コーナー」「23区23時のオンナたち」、後半に「ニャンコベストショット対決」となりました。




「ニャンコベストショット対決」といえば、これまで「長瀬智也&国分太一」VS「ゲスト&松岡昌宏」で対決を行ってきましたが、過去行われた対決では、いずれも審判の「城島茂」によって「ゲスト&松岡チーム」が勝利しています。そういった流れがあっただけに、今回は「長瀬智也」と「国分太一」から「ジャッジがよくわからない!」と「クレーム」がつけられました。ですが「城島茂」は「金と権力とゲストには弱いから」と「キッパリ」。これを聞いた「2人」からは、「最低だ!最低な人だ!」とさらなる「ブーイング」が起こっていました。

波乱の幕開けとなったこの日も、「スタジオ」に子猫を放し、「抱き猫写真」「ポーズ猫写真」の「2回戦」が行われました。「長瀬智也&国分太一チーム」は、「長瀬智也」が「カメラマン」、「国分太一」が「モデル」に挑戦しました。子猫を抱っこして写真を撮る「抱き猫写真」では、「国分太一」の鼻に子猫が「キス」している「ベストショット」の撮影に成功しました。一方、「二階堂ふみ&松岡昌宏チーム」は、猫好きだという「二階堂ふみ」が「モデル」になり、「松岡昌宏」が「カメラマン」になりました。その独特な撮影方法が毎回爆笑を誘う「松岡昌宏」は、今回も「二階堂ふみ」を舐めまわすように連写しました。「二階堂ふみ」の顔が写っていない写真が「ベストショット」に選ばれましたが、「城島茂審判」はそれでも「二階堂ふみチーム」に軍配を上げました。




続いて「ポーズ猫写真」では、「二階堂ふみ&松岡昌宏チーム」が先攻になりました。昨年、「写真家デビュー」を果たした「二階堂ふみ」が「カメラマン」を務め、撮影に夢中になるあまり壁に頭をぶつけるという「ハプニング」を起こしながらも、壁から猫が顔を覗かせる「ひょっこり猫」の撮影に成功しました。後攻の「長瀬智也&国分太一チーム」は、この写真を見て「不戦勝」を申し出るほど弱気になっていたものの、猫が「国分太一」の背中を「タッチ」している「マッサージ猫」というかわいらしい写真を撮影されました。ですが、勝者はまたしても「二階堂ふみチーム」になりました。結局今回も「“ゲスト”」の力には勝てなかった「長瀬智也&国分太一チーム」からは、「勝てねえな~勝てない!」と悔しがる声が聞こえたのでした。

今回の放送に視聴者からは、「絶対ゲストチームが勝つっていう「“予定調和”」も含めて、このコーナー大好き!」「このコーナー本当に癒やされる~。猫もかわいいけど、TOKIOもかわいい!」「この対決に勝つためには、リーダーにお金渡すしかないのでは「笑」」といった声が集まっていました。

「城島茂」の「金と権力とゲストには弱いから」の発言には笑うしかないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。