宮田俊哉★ジャニーズの本性がある★有吉ゼミ激辛料理★意義語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★ジャニーズの本性がある★有吉ゼミ激辛料理★意義語る」の事をお伝えしたいと思います。

「2月20日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2キスマイRadio」「文化放送」に、「玉森裕太」と「宮田俊哉」が登場しました。昨年「5月」に「有吉ゼミ」「日本テレビ系」の「超激辛チャレンジグルメ」企画に登場し、その奮闘ぶりが話題になった「宮田俊哉」のもとに、「リスナー」から「辛いものを食べたあと、しばらく舌のヒリヒリが取れなかったのですが、宮田くんは辛いものを食べたあとどうしていますか?」と「メッセージ」が届いたのを「キッカケ」に、激辛料理を食べる際の「“極意”」について「宮田俊哉」が語りました。




「有吉ゼミ」での「宮田俊哉」の奮闘を見ているらしい「玉森裕太」は、「おいしくいただける範疇ではないでしょ?」と「ズバリ」指摘しました。これに「口に入れた瞬間、もうね 辛みとか旨味とかない。痛みしかない!」と断言した「宮田俊哉」は、「なんかね、「“痛みを飲む”」って感じ」と、もはや食べ物を食べている感覚ではないと明かしました。

しかも「宮田俊哉」は本来、辛いものが好きではなく、「プライベート」ではほとんど食べないのだそうです。ですが「やっぱ「カッコいい」って言われたい、ジャニーズの本性が根底にあるからさ」「「カッコいい」って言われるのがうれしい」と、激辛料理に挑む「宮田俊哉」の姿を見た「ファン」からの賛辞が、自身を奮い立たせているのだそうです。また、友人や世間から「めっちゃすごかった!」「おもしろい!」と言われることも、「宮田俊哉」の「モチベーション」になっていると明かしていました。

そして、肝心の辛さ対策について、「宮田俊哉」は「冷たいものは絶対飲まない方がいい!」と「アドバイス」しました。「宮田俊哉」いわく、冷たいものを飲むと「余計痛みが増す」と感じるのだそうです。そのため、激辛料理を食べた後は「ぬるい牛乳、ぬるま湯をひたすら1日半くらい飲み続ける」と、飲み物を飲むのが「ベスト」だと語っていました。




すっかり「有吉ゼミ」「レギュラー」気取りの「宮田俊哉」は、「5月31日」公開予定の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」に主演する「玉森裕太」に、「玉さんも映画の公開に合わせて、もしよかったら番宣待ってますんで!」とお誘いしました。これに「玉森裕太」も「全然、僕いいですよ!辛いものは苦手ですけど、「やれ!」と言われたらやりますから」とやる気を見せていました。

「ファン」からも「宮玉で激辛チャレンジ見たい!一見嫌がりそうだけど、玉ちゃんなら根性見せてくれそう」「宮っちのアドバイスを参考にすれば、きっと玉森くんもいける!」「玉森くん、案外余裕で激辛チャレンジやりそう「笑」」との声が上がっており、「玉森裕太」の出演を期待しているようでした。

「キスマイメンバー」の中では「オタク系」の「宮田俊哉」ですが激辛料理を前にした「宮田俊哉」は確かに別人に見えてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。