平野紫耀★なんて口の利き方だ★高橋海人にマジ説教★兄弟愛溢れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「平野紫耀★なんて口の利き方だ★高橋海人にマジ説教★兄弟愛溢れる」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」を担当している「King&Prince」です。「2月18日~22日」は「平野紫耀」と「高橋海人」が登場し、「人気ハンバーガー店」に弟子入りしました。こだわりの「ハンバーガー」を作るため、「ビーフ100%」の「パティ」作りに挑戦しました。

ひき肉を混ぜ合わせるだけ と思われがちな「パティ」ですが、今回挑戦するのは「大きな肉の塊をカット→脂身を手作業で削ぎ落とす→部位ごとに切り方を変えて食べやすくカット→ミンチにした筋肉をつなぎにして混ぜ合わせる→形を整える」という、「“超こだわり”」の工程で作る「パティ」です。




作業するときは肉のことを考え、冬でも部屋の温度を「19度」に設定するほどのこだわりを見せる師匠は、「肉がすべての生活」を送っているといいます。すると「平野紫耀」は「俺らもファンがすべての生活なんでね」と「高橋海人」に向けて「ドヤ顔」で「コメント」し、「スタジオ」から失笑を買っていました。

そんな中、「平野紫耀」は包丁をうまく使って、手際よく脂身を薄くそぎ落としていきます。時間がたつにつれて作業の「スピード」も速くなるなど、意外な適正を見せていました。一方、「高橋海人」はあまり上手にできず、思わず「はぁ~」とため息。「平野紫耀」から「わかりやすくため息つくな!」とお叱りを受ける場面もありました。その後は「2人」で黙々と脂身を削ぎ落していく作業が続いたのですが、「ハンバーガーに肉、必要なのかな?そのくらい大変!」と「平野紫耀」が壊れ気味になっていきます。それもそのはず、この作業だけですでに「2時間」も経過していたのでした。

そのため「高橋海人」の愚痴は止まらず、「母親と作るとき、30分ぐらいでできますけどね」と師匠に向かって失礼な一言を放ってしまい、再び「平野紫耀」が「ドヤ顔すんな!なんのこだわりもないヤツが!」と叱責しました。「平野紫耀」に怒られてばかりの「高橋海人」ですが、「パティ」に味付けしないとわかると「調味料入れてもよくないですか?そこ、こだわるんですね」とまたもや失言します。これにはさすがの「平野紫耀」も「お前さ、師匠になんて口の利き方してんだ!」と「マジメ」な「トーン」で説教されていたのでした。




ですが、いよいよ焼く前の最後の工程に入り「「パティを成形するための」型がある」と言って師匠が取り出したのは、まさかの「“チャーハン皿”」でした。皿の裏側にある「“高台”」という部分を使って「パティ」を成形していくというのですが、「平野紫耀」は「ビックリした。こだわり100%なのかと思ったから」と意外な「アイテム」の登場に驚きました。とはいえ、これも師匠なりのこだわりのため、皿の裏側で肉をしっかり成形し、やっとのことで「パティ」を完成させました。

「高橋海人」に「ツッコミ」を入れる「平野紫耀」と、文句を言いつつも「楽しい」と笑顔を浮かべていた「高橋海人」の姿を見て、「紫耀くんの「“お兄ちゃん”」感たるや ああ、愛しい!」「楽しそうなニコニコほっこり兄弟をずっと眺めていたい」「怒られてる海ちゃんの弟感 本当、「“しょうかい”」の兄弟感好きだなあ」と癒やされていた「ファン」が多かったようです。

来週はいよいよ「“焼く”」工程に入るというのですが、この調子だとまだまだ先は長そうです。無事に「ハンバーガー」を完成させることはできるのでしょうか。来週にも注目です。

「平野紫耀」の「高橋海人」に対する厳しさの中にも優しさが垣間見える場面に「ファン」はほっこりしますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。