平野紫耀★かぐや様は告らせたいに暗雲★大爆死ニセコイ&共通点多く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「平野紫耀★かぐや様は告らせたいに暗雲★大爆死ニセコイ&共通点多く」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・平野紫耀」が主演し、「橋本環奈」が「ヒロイン役」を務める映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」が「9月6日」に公開されることが発表されました。「ファン」からは「顔面偏差値が高すぎる2人の共演楽しみ!」と期待が寄せられている一方、業界からは興行成績を不安視する声も上がっているといいます。

同映画は、「漫画家・赤坂アカ氏」が「週刊ヤングジャンプ」「集英社」で連載中の同題作品を実写化。秀知院学園の「生徒会長・白銀御行」「平野紫耀」と「副会長・四宮かぐや」「橋本環奈」が、お互い好きなのに「“いかにして相手に告白させるか”」という頭脳戦を繰り広げます。「平野紫耀」は昨年「11月」に公開した映画「ういらぶ。」でも主演しており、初週末で「観客動員14万3000人、興収1億7000万円」「興行通信社調べ」をあげ、「映画ランキング3位」を記録していました。




そんな「平野紫耀」が「かぐや様」でも主演するとあって、「ファン」は大歓喜したようです。「橋本環奈」も映画に「ドラマ、CM」と活躍中の売れっ子とあって、それぞれの「ファン」が「こんな美男美女をスクリーンで拝めるなんて最高!」「絶対に見に行く!」などと沸き立っています。

しかし、やはり「原作ファン」の中には、「平野も橋本も役のイメージに合わない」「キャストありきの企画って感じ」などと、実写化に否定的な声もあるようです。また、業界内でも、興行収入が不安視されています。というのも、昨年「12月」に「Sexy Zone・中島健人」と「中条あやみ」の「ダブル主演」で公開された映画「ニセコイ」との共通点が多いため、「「かぐや様」も「ニセコイ」同様に大コケしなきゃいいけどね」などと、ささやかれているようです。

「ニセコイ」は、「漫画家・古味直志氏」が「週刊少年ジャンプ」で連載していた原作を実写化した作品です。「かぐや様」とは「“集英社の漫画誌のラブコメディ”」という点が共通しています。

また、両作とも「テレビアニメ化」を経ての実写化であり、その「メインキャスト」が「10代女子」を中心に人気の「若手ジャニーズ&旬の女優」、さらには監督も同じ「河合勇人氏」が務めます。「ニセコイ」は、「キャスト」が「テレビ」や雑誌などで盛大に「PR活動」したにもかかわらず、初週末の「映画ランキング」では「ギリギリ9位」となりました。翌週も「10位」で踏ん張りましたが、年明けには「ランキング圏外」になってしましました。最終的な興収は「5.4億円」と言われていて、この記録的な「大コケ」は関係者を驚かせました。




こうした事態には、映画業界の「ヒット傾向」も少なからず影響しているようで。

数年前の映画業界は、「10代」を「ターゲット」にした「漫画原作モノ」の「ラブストーリー」が「大ブーム」でしたが、最近はそれも落ち着いてしまったようです。そのため、「かぐや様」を見るのも「平野紫耀」や「橋本環奈」の「ファン」に限られてくるのではないかと思います。「2人」がどれだけ集客力を持っているか見ものです。

「ニセコイ」同様、「キャスト」が宣伝のために「メディア出演」する機会が増えるのであれば、「ファン」は大いに楽しみでしょうが、その努力が映画の成績につながることを祈るばかりですね。

「平野紫耀」には何としても「ニセコイ」の二の舞にならないように頑張って欲しいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。