東山紀之&中島健人★砂の器出演★最悪&ぶち壊し★批判噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「東山紀之&中島健人★砂の器出演★最悪&ぶち壊し★批判噴出」の事をお伝えしたいと思います。

これまで何度も映像化された「松本清張」の長編小説「砂の器」が、「フジテレビ開局60周年特別ドラマ」として、「少年隊・東山紀之主演」で「3月28日」に放送されます。「2004年」には「TBS系」の「ドラマ」として、「中居正広」が「“天才ピアニスト役”」で主演を務めましたが、今回は「“天才作曲家役”」を、「Sexy Zone・中島健人」が演じると発表されました。ですが、「ネット」上では「ジャニーズのゴリ押しがひどい」「キャスティングでもう全部ぶち壊し」と辛らつな意見が飛び交っている状態です。

原作は、昭和の時代に起こったある殺人事件を巡る「ミステリー小説」ですが、今回は時代背景に大きく「アレンジ」が加わり、「18年ハロウィーン当日の東京・渋谷」が舞台になるそうです。これまでも映像化のたびに設定が少しずつ変わることはありましたが、ここまで大きな改編はなかったため、「ネット」上では「これはもう「砂の器」じゃない」「あの名作をこんな設定に変えるとか 最悪以外の言葉がない」と猛反発されています。




また、最近発表された「ジャニーズタレント出演作」が、ことごとく人気作品の「“リメイク”」だということについても、「名作潰し!」「人気に便乗してばっかりだな」と批判の声が集まっています。

最近発表されて批判を浴びたのが、「4月」から「スタート」する「ドラマ」「ストロベリーナイト・サーガ」「フジテレビ系」です。「二階堂ふみ」と「W主演」を務めるのは、「KAT-TUN・亀梨和也」です。「12年」に「大ヒット」した「竹内結子&西島秀俊」の「ドラマ」「ストロベリーナイト」の「リメイク版」ですが、「このキャストならもう見ない」「新キャスト、イメージ全然違うんだけど」とかなり批判が集まっていました。ほかにも、「新選組副長・土方歳三」の生涯を描いた「司馬遼太郎」の長編小説「燃えよ剣」実写映画の「土方歳三役」に「V6・岡田准一、沖田総司役」に「Hey!Say!JUMP・山田涼介」が発表されると、こちらも「イメージに合わない」と「キャスティング」に不満の声が続出しました。「岡田准一」は今年放送予定の「ドラマスペシャル」「白い巨塔」「テレビ朝日系」の「リメイク作品」でも主演を務めることが発表されていますが、こちらも同様に不満の声が続出しました。

今回の「砂の器」については、特に「中島健人」の「キャスティング」に違和感を覚える人が多いようで、「演技ヘタなのに、なんでこんなにドラマ出演が続くわけ?」「中島の「“ゴリ押し”」がウザい」といった声が噴出しています。




「中島健人」はここ数年、「ドラマ」や映画の主演が続いていますが、はっきり言って成績はどれも「パッ」としません。「18年10月期」に放送された「主演ドラマ」「ドロ刑‐警視庁捜査三課‐」「日本テレビ系」は、「全話平均視聴率8.8%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区」と振るわず、「同12月」に公開された映画「ニセコイ」も、「全国映画動員ランキング」「興行通信社発表」で「9位」と大爆死しています。「演技がわざとらしい」「印象に残らないんだよなあ」と演技力の評価も「イマイチ」で、今回の役についても「影のある役は無理でしょ」「ヘタな演技で作品を壊すのだけは勘弁」と不満を買っているようです。

「“ジャニーズ”」とつくことで、どうしても見る人の「ハードル」は上がってしまうものですが、それを飛び越える作品を作り上げてほしいものですね。

ここまで「ジャニーズアイドル」の演技批判が続けば視聴者も疑問を持ちながら視聴するようになるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。