西畑大吾★Myojo・Jr.大賞・1位★過去ないぐらい大混戦★関西勢躍進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「西畑大吾★Myojo・Jr.大賞・1位★過去ないぐらい大混戦★関西勢躍進」の事をお伝えしたいと思います。

年に一度、「ジャニーズJr.ファン」が最大の関心を寄せている「アイドル誌」「Myojo」「集英社」の「恋人にしたいJr.」「ランキング」です。「2019年4月号」にて読者投票の結果が発表され、栄えある「第1位」は「関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子」の「西畑大吾」に輝きました。昨年、「King&Prince」の「6人」が「デビュー」したことで、「ランキング」に変動が起こると注目されていた今回です。「Myojo」編集部でも順位が予想できないほど、大混戦となったようです。

「1995年」に始まった「Jr.大賞」は、読者投票で「恋人にしたいJr.」「友だちにしたいJr.」「弟にしたい」などが決まる「Myojo」恒例の目玉企画で、今回で「第25回」となります。「恋人にしたいJr.」部門は実質的な人気投票になっており、「第1回」は「森田剛&三宅健」「V6」が受賞したほか、これまで「相葉雅紀」「嵐」や「山下智久、亀梨和也」「KAT-TUN」、「八乙女光」「Hey!Say!JUMP」、「山田涼介」らが「1位」を獲得しています。「2014~18年」は「岩橋玄樹」「King&Prince」が前人未到の「5連覇」を果たし、上位者たちが「King&Prince」として卒業した後に迎えた今回。「NHK朝の連続テレビ小説」「ごちそうさん」「あさが来た」に出演経験があり、昨秋に結成された「ユニット・なにわ男子」を引っ張る「西畑大吾」が王座につきました。

「関西Jr.」が首位になったのは、「11年」の「第17回・中山優馬」以来、「2人目の快挙」とあり、主に関西組を応援する「ファン」は大歓喜したようです。「2位」には、関西で「西畑大吾」と切磋琢磨し、「1月」に「Snow Man」へ加入したばかりの「向井康二」が、「前年20位」から大幅に「ランクアップ」して登場しました。そのほか、「なにわ男子メンバー」は「5位」が「大西流星、13位」と「14位」に「道枝駿佑、高橋恭平、18位」にも「大橋和也」が名を連ね、「20位中5人」が食い込むなど、「関西Jr.」の人気が拡大した結果になりました。

「ランキング発表」の「2日後、2月24日放送」の「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr. とれたて関ジュース」「ラジオ関西」では、前年の「5位」から「ジャンプアップ」し、初の「1位」を手にした「西畑大吾」が胸中を告白しました。




「本当に言葉にならないぐらいうれしいです。初めてね、「Myojo」編集部の方から聞いた時は、本当に泣きそうになって。これまでの活動というか、Jr.としてやってきた活動が走馬灯のように頭を駆け巡っていってですね。なんかホンマ、「あ、頑張ってきて良かったな」って思いましたし。泣くのをこらえてですね。撮影に挑ませていただきました」

と、あらためて「ファン」に報告しました。「4月号」の誌面では「“新王者”」が見開きで紹介され、花に囲まれる中で穏やかな笑みを浮かべる「西畑大吾」の姿が掲載されているのですが。

「見ていただけたらわかるんですけども、西畑の、その「恋人にしたいJr.」に選んでいただいた、このページですね。見ると、西畑がお餅みたいに丸々してるというね「笑」。これ、正月あたりに撮ったからかな。ちょっと丸々してるんですけども」

と、自身の写真写りに関する反省の弁も飛び出しました。さらに、今回の順位について、

「西畑のことが大好きで、「恋人にしたい」と思ってくれてる方もたくさんいるでしょうし。そしてね、関西Jr.を盛り上げたい、なにわ男子を盛り上げたいっていう意味を込めて西畑に投票してくださった方もたくさんいると思います。本当に皆さんの思いというか、スゴく伝わっています。票数もね、ちょっと見させていただいたんですけども。こんなにたくさんの方が、西畑に投票してくれたんだっていうのを見た時に、さらに泣きそうになったんですけども。本当に心の底から感謝しています。本当にありがとうございます」




と、「ファン」へ感謝しました。また、「2位が向井康二くん。こうやって1位、2位を康ちゃんと飾ることができて、本当にうれしかったです」と、「向井康二」との「ワンツーフィニッシュ」にも感慨深いものがあったようです。

また、同日放送の「ラジオ」「JAM×JAM」「ラジオ関西」では、「Myojo」「編集部・竹俣氏」が「今ランキング」の舞台裏を告白しました。「King&Princeメンバー」の卒業によって、「ランクイン」する「Jr.」が一変するとは予想していたそうですが、「投票数がやっぱり一気に増えましたね。しかも、関西地方の投票数がもう激増」「2倍まではいかないかもしれないですけど、本当にそれに迫るぐらいの勢いで投票していただいて」と、裏話を披露しました。

その上で、「2位以下が本当にスゴい大混戦で、本当にベストテンの顔ぶれがどうなるかわからないぐらい、最後の最後まで。ここまでわからないってことはですね、過去ないぐらい、本当に。投票していただくかどうかって、結構大事なんだなっていうのは本当に「実感した」」と、編集部側にとっても異例の年になったことを明かしていました。

「恋人にしたいJr.」の「歴代1位」は、「13年」の「松村北斗」「SixTONES」を除き、近年は「Sexy Zone・中島健人、King&Prince・岩橋玄樹」らが「デビュー」の切符を掴み、「Jr.」を卒業しています。今回の「ランキング結果」に並んだ、「20位」までの「メンバー」を見ると、次の「デビュー組」は「関西Jr.」の可能性も高そうですが。今後の展開に期待したいですね。

「関西Jr.」の「人気&実力」が「ファン」の心を掴んだ結果になりこの先の活躍に期待が持てますね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。