錦戸亮★キンプリで不機嫌モード★怒らないで★共演者困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★キンプリで不機嫌モード★怒らないで★共演者困惑」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「2月24日」の放送は、「音楽プロデューサー」の「蔦谷好位置」と「ヒャダイン」を「ゲスト」に迎え、「コレを踏まえて聴いてみて!売れっ子音楽Pが嫉妬する超名曲とは?」特集が行われました。

「ヒャダイン」が取り上げた「ジャニーズのデビュー曲は名曲揃い」という「テーマ」では、「錦戸亮」が嫉妬を爆発させました。「関ジャニ∞」の「デビュー曲」「浪花いろは節」「2004年」は、数ある「ジャニーズグループ」の中でも唯一の「“演歌”」とかなりの異色作ですが、「テーマ」が発表されると「僕らの曲入ってますか?」「錦戸」「あれ?大丈夫かな?」「丸山隆平」「俺らもインパクトは負けてないからな」「横山裕」「いや、インパクトだけや」「大倉忠義」と不安を口にする「メンバー」でした。




そのうえ、名曲を発表する前に、踏まえる「ポイント」として「先輩たちのヒットの法則が注ぎ込まれた曲」「サビ後半に裏声パート」と紹介されると、すでに「関ジャニ∞」の楽曲ではないと悟ったのか、「錦戸亮」は「誰ッスか?まだ踏まえるんですか?ここは一番踏まえづらいですわ!」と次第に「不機嫌モード」になってしまいます。そして、「1つ目」の名曲として「King&Prince」の「シンデレラガール」「2018年」が紹介されると、「錦戸亮」が「ちっくしょ~!」と雄叫び。「怒らないでみんな、もう!」と、「ヒャダイン」は必死にその場を収めようとしていました。

その後、「みなさんの場合は、演歌チャート1位でデビューってあたりが、そもそも、パンチ効いてるじゃないですか!?」と「ヒャダイン」がたどたどしく「フォロー」するも、「もう無理せんといて!」「村上信五」「申し訳ない」「丸山」と、「メンバー」は逆に悲しさを滲ませていました。

その後、曲の「ポイント」として「サビ」の「コード」と「メロディ」に、「コード」の構成音にない音を使うことで緊張感や不安定さが表現されていると説明があると、今後は「横山裕」が「不安定さは俺らが一番ありましたよ!」と「自虐コメント」。さらに、「村上信五」が「デビュー曲はちょっと「“祝儀”」もあるからな」と「コメント」すると、「そうやね」と返事した「錦戸亮」がなぜか「アップ」で「15秒」ほど「カメラ」に抜かれ続け、その間「錦戸亮」は「なんやねん?なんも言うてへんがな まだなにも言うてへんやろ!」と「スタッフ」に向け「“撮るな”」「アピール」をし、笑いを誘っていました。




結局、今回紹介された「デビュー名曲」は、「KinKi Kids」「硝子の少年」「1997年」、「少年隊」「仮面舞踏会」「1986年」、「嵐」「A・RA・SHI」「1999年」で、「浪花いろは節」は入っておらず、「VTR」明けには気まずい雰囲気になりました。そんな中、追い討ちをかけるように、「トークゲスト」の「モデル・emma」が「私「の世代」はKAT-TUNさんとか」と「コメント」すると、再び「錦戸亮」が「関ジャニ∞「とKAT-TUNは世代が」ほぼほぼ一緒やぞ!」と噛みつき、最後まで「他グループ」に嫉妬していた「錦戸亮」が場を盛り上げていました。

この放送に「ファン」は「今日の亮ちゃん、やたらと噛み付くな~!」「亮ちゃんが怒ってるの、なんかかわいいんだけど「笑」」「錦戸亮ちゃんの嫉妬、愛くるしい!」「ジャニーズの話をしてるときの亮ちゃん、ほんと関ジャニ∞が大好きなんだろうなって感じた」と反応しました。「グループ」を愛するが故に怒り狂ってしまう「錦戸亮」の姿を、愛おしく思う「ファン」が多かったようです。

「錦戸亮」でなくとも自分たちの曲よりも「後輩グループ」の曲が名曲に選ばれれば不機嫌な気持ちになるのは当然のことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。