高木雄也★13歳Jujuを目の前にふざけんなよ&ウゼェ★叫んだ訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高木雄也★13歳Jujuを目の前にふざけんなよ&ウゼェ★叫んだ訳」の事をお伝えしたいと思います。

「3月2日放送」の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」に、「高木雄也」と「有岡大貴」が登場しました。「週末カートJUMP」最終戦として、「天才美少女レーサー・Juju」と対決しました。

半年前に同番組の企画として、「弱冠13歳」の「天才美少女レーサーJuju」と「カーレース」で対決したところ、圧倒的な差で負けた「高木雄也」と「有岡大貴」でした。そこから「Juju」に勝つための「一大プロジェクト」「週末カートJUMP」を立ち上げ、さまざまな特訓をしてきた「2人」ですが、今回がいよいよ最終回となりました。




半年ぶりに会った「Juju」を見て、「高木雄也」は「あれ?大きくなってる」と「Juju」の身長が伸びていることに気づき、「有岡大貴」も「俺、こんな もっと差あったよね」と、「Juju」が「有岡大貴」とほぼ同じ身長になっていることに驚いた様子です。聞くと、半年で「5cm」も身長が伸びたといいます。

決戦の舞台は、東日本最大の「新東京サーキット」です。まずは、肩慣らしとして「平均1分20秒」の「1周コース」を走ると、「Juju」の「タイム」は「58秒」でした。一方、「有岡大貴」は「1分6秒」と「Juju」には一歩及ばなかったものの、平均を上回る結果に「平均タイム切ってるじゃん!すごいじゃん!」と大興奮していました。この結果は次に走る「高木雄也」に「プレッシャー」を与えたようで、「高木雄也」は挙動不審な動きになります。ですが、「タイム」は「59秒」と、「Juju」と「1秒差」の「好タイム」を記録しました。

この結果に焦りを感じたのか、「Juju」と「Juju」の父であり「コーチ」の「元F1レーサー・野田英樹氏」が真剣に打ち合わせをする中、「高木雄也」と「有岡大貴」は恥を忍んで「自分たちにもコーチをしてくれないか?」とお願いします。「コーチ」の「ハイレベル」な教えを受けた後の「タイム」は、「有岡大貴」が「1分01秒、高木雄也」が「58秒」と、「Juju」に並ぶ結果を見せました。

「ウォーミングアップ」を終え、いよいよ「Juju VS JUMP」の対決へ。「1人5周」を走るという「ルール」で、「スタート時点」では「Juju」が一番前に飛び出しました。すぐ後ろには「高木雄也、その後ろを有岡大貴」が走るという順番で「4周」を回りましたが、最終周になると「Juju」が「突然ペースダウン」し、なんと「高木雄也」が「Juju」を抜いて優勝という結果になりました。ですが「高木雄也」は、「ねぇ、ちょっと待って。今のはダメ!もう1回やろう!こんな勝ち方、男として恥ずかしい!」「止まってくれたの!」「ふざけんなよ!」と猛抗議し、勝利したのに納得がいかない様子です。




「番組スタッフ」が、「Juju」に「ペースダウン」の理由を聞くと、「始める前に「高木が」「“負けたら泣く”」って言ってたから、「泣かれるのはな~」と思って」と「高木雄也」に気を使っていたことが判明しました。これを聞いた「高木雄也」は、「今の方が泣きそうだわ」と肩を落としていたのでした。

その後、「高木雄也」は「Juju」と「1対1」での勝負を希望し、再戦することになります。「スタート」こそ「リード」していた「高木雄也」でしたが、途中で「Juju」が追い抜き、後ろにいる「高木雄也」に手を振る余裕を見せると、「高木雄也」は「ウゼェ!」と「ポツリ」。結局、本気の対決は「Juju」の勝利に終わりました。

この放送に「ネット」上では、「高木くんのレース、めっちゃ格好良かった!」「「男として恥ずかしい」って、かっこいいこと言うな~!惚れ直した!」「今回はJujuちゃんに負けちゃったけど、もう1回やれば勝てそう。高木くん、レーサーの才能あるんじゃない?」などの声が集まっていました。

若干「13歳」の女の子とはいえ「プロレーサー」相手に本気になっている「高木雄也」の負けず嫌い精神が「ファン」は惚れ直したようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。