重岡大毅★だって淳太やで&無理無理★中間淳太の挑戦を全否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「重岡大毅★だって淳太やで&無理無理★中間淳太の挑戦を全否定」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「3月2日」深夜の放送では、「中間淳太」が専門家から知識を借りてさまざまな「メソッド」を開発し、運動音痴を克服する「コーナー」「運動音痴をパーフェクトに克服!中間流メソッド」の「コーナー」が放送されました。

今回「中間淳太」が挑戦するのは「野球のピッチング」です。このお題が発表されると、「スタジオ」では「メンバー」から口々に「淳太、一番無理やん!」「無理やって!」と言われ、「重岡大毅」が追い討ちをかけるように「無理無理!」と断言します。「中間淳太」が「今回は頑張ってきた」と反論するも、「重岡大毅」はさらに「だって淳太やで!?」と元も子もない言葉を放っていました。散々「イジ」られた「中間淳太」は、果たして本当に克服できたのでしょうか。




「VTR」が始まり、「ユニフォーム姿」の「中間淳太」が「グラウンド」に登場します。「18.44メートル」あるという「マウンド」から「ホームベース」までの長い距離に驚き、「中間淳太」は早速不安げな表情を見せます。今回の目標は、「1打席で3ストライクをとる」です。野球はおろか「キャッチボール」の経験もほとんどない「中間淳太」は、まず実際に投球をしてみることになります。すると、「“期待通り”」の「ポンコツ」な「フォーム」で、投げた球が「キャッチャーミット」まで届かないという、散々な状態でした。

そんな「中間淳太」を救うため、まず最初に専門家が提示した「メソッド」は「カブキ大作戦」というものでした。歌舞伎の「“見栄”」を切るように腕を伸ばし、大きく振りかぶることで、十分な勢いをつけて投球距離を延ばすことができるというものです。「中間淳太」がこの「メソッド」を試してみると、なんと投げた球が「キャッチャーミット」まで届くようになり、この「メソッド」は効果てきめんでした。

次の段階として、「コントロール」を付けるために「やり投げ作戦」という「メソッド」が提示されます。この作戦は、やり投げのように直線の軌道で投球すると、投球が安定するというものです。実践してみるとこちらもすぐに効果が出て、「中間淳太」はみるみるうちに腕を上げていきました。




そして最後は、「プロテニス選手」の名前を用いた「大坂なおみ作戦」という謎の「メソッド」でした。「“ポジティブワード”」を連呼し潜在能力を引き出すという、にわかには信じられない作戦ですが、これを取り入れつつ、いよいよ今回の目標「1打席で3ストライク」に挑戦します。まず「1球目」は見事な「ストライク」を見せましたが、その後は「2球連続」で「ボール」となります。結局「フルカウント」まで追い込まれるも、土壇場で見事に「ストライク」をもぎ取り、「中間淳太」は最後の最後で目標を「クリア」しました。

あれだけ「絶対無理!」と言っていた「メンバー」も、「中間淳太」の成長には思わず感動の声を上げており、「ファン」からも「淳太くんかっこいい!やればできる男!」「淳太くん、本当は運動音痴じゃないのかも?アドバイスをもらってすぐ結果が出るなんてすごい」「メンバーが驚いててうれしかった!淳太くんに「“無理”」はない!」と絶賛の声が相次いでいました。

今回も体当たりで、世の中の運動音痴たちへ夢と希望を与えた「中間淳太」でした。

「中間淳太」お陰での個人に合った「メソッド」を見つけることができればある程度の運動音痴を改善できるのが分かりましよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。