小山慶一郎★杉谷一隆にド直球質問★なんでNEWSを嫌がらないの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★杉谷一隆にド直球質問★なんでNEWSを嫌がらないの」の事をお伝えしたいと思います。

「3月9日」から「コンサートツアー」「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」を「スタート」させる「NEWS」です。「小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送、3月5日深夜」では、「NEWS」の「コンサート」で振り付けを担当した「振付稼業air:man」「杉谷一隆」を「ゲスト」に迎えて「トーク」を繰り広げました。

「杉谷一隆」は今回の「コンサート」だけでなく、長年「NEWS」の振り付けを手がけています。彼らを一番最初に振り付けたのは、「2007年」に発売された「シングル」「weeeek」だったそうで、「12年」に現在の「4人体制」で再出発した際、一発目に「リリース」した「シングル」「チャンカパーナ」の振り付けを担当したのも、「杉谷一隆」でした。再出発当時を振り返り、「杉谷一隆」は「あの時まだ4人さんとうちらで、すごく時間かけて作ったじゃないですか。半年くらいは「あ~でもない、こ~でもない」ってやってましたね」と、悩みながら振り付けを完成させていたと明かしました。




そんな思い出話をする中で、「小山慶一郎」が「なんでこんなにNEWS「の振り付け」を嫌がらずにやってくれるんですか?」と直球の質問を投げかけます。すると「ひとことで言うと本当に、好きなんですね。シンプルに好きです」と、こちらもド直球の返答をした「杉谷一隆」でした。続けて、無茶な提案をしても「NEWS」の「メンバー」がしっかりと受け止めてくれると語り、「すごい間口が広いというか、受け皿が広いんだろうなと思って。クリエイティブ冥利につきます」と彼らを高く評価していました。

また、今回の「コンサート」については、「小山慶一郎」いわく「本当に時間がなかった」そうで、「杉谷一隆」が「1日」に「7曲」の振り付けを行い、「NEWSメンバー」が「1日」に「5~6曲」の振りを覚えるという、超過酷な「スケジュール」だったという裏話も聞かれました。そして、「小山慶一郎」は「WORLDISTA」「ツアー」に「“バワリーポーズ”」というものがあると明かし、「コンサート」中は「ファン」にも一緒にやってほしいと「アピール」しました。

「杉谷一隆」は「まず、手の親指と人差し指でマルを作ります。OKポーズ。これを手の甲を外に向けて、残りの3本指「中指・薬指・小指」を口の周りにつける」と「“バワリーポーズ”」を説明。「中指・薬指・小指」が、「WORLDISTA」の頭文字である「“W”」の文字に見えるのが「ポイント」のようです。しかも、これが「コンサート」中あらゆる場面で登場するらしく、「小山慶一郎」は「めちゃくちゃかっこいい曲の中で入ってたりするから」と、「“バワリーポーズ”」を探しながら「コンサート」を見てほしいと語っていました。




また、「小山慶一郎」の「ソロ曲」「Going that way」も「ファン」と一緒に踊れる振り付けになっているそうで、ここでも「“バワリーポーズ”」が登場すると予告しました。自ら「杉谷一隆」に「ファンのみなさんと一緒に踊れるような振り付けにしてください」と依頼したという「小山慶一郎」は、「これ、みんな覚えてほしいな~!」と「ファン」に呼びかけていたのでした。

この放送を聞いた「ファン」からは、「バワリーポーズ、気になりすぎる!早くやりたい!」「バワリーポーズ探す!いっぱい見つけるぞ~!」「NEWSさんとair:manさんがファンを楽しませるために考えてくれたのかな うれしい!」と反響を集めていました。「ファン」にとっては、「コンサート」に楽しみな要素がひとつ増えたようですね。

「杉谷一隆」との長年の付き合いがありお互いに信頼関係でなりたっているのが伝わってきますよね。「バワリーポーズ」を見られるのが今から楽しみですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。