松岡昌宏★長瀬智也がジャンピングヘッド成功すると★すごいと興奮の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★長瀬智也がジャンピングヘッド成功すると★すごいと興奮の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「3月6日」に放送されました。この日は「ロケ企画」「出張トキカケ」の「第3弾」が放送され、現役引退を発表したばかりの「元サッカー日本代表・中澤佑二」が登場しました。

この日「TOKIO」が訪れたのは、「中澤佑二」の「“聖域”」である、神奈川県横浜市の「ニッパツ三ツ沢球技場」でした。いつもの「スタジオセット」が「スタジアム横」に用意され、「中澤佑二」は「サッカー日本代表」の裏話など、さまざまな「トーク」を繰り広げました。




途中、「中澤佑二」がよく使用していた「ロッカールーム」を訪れる場面があり、「TOKIOメンバー」も興奮気味になります。「国分太一」が「監督がここで戦術とかするわけですか?」と聞くと、「中澤佑二」は「「戦術を」ホワイトボードに書いていくんです」などと説明します。「松岡昌宏」は「俺、サッカー選手やったことないけど、サッカー選手になったらこうやって聞くわ」と、腕を組んで「ロッカー」にもたれかかる「ジェスチャー」をして、すっかり「サッカー選手」になりきります。これを見た「中澤佑二」から「このスタイル、中村俊輔!」と「ツッコ」まれると、「松岡昌宏」が「俺、「“俊輔タイプ”」ね!」と返し、大盛り上がりしていました。

また、「中澤佑二」といえば強烈な「ヘディングシュート」でも知られていますが、「トーク」の中で「城島茂」が「ヘディングって痛くない?」と質問します。「中澤佑二」は「いや、痛いですよ。めちゃくちゃ痛いですよ」と率直な感想を伝えつつ、「生え際にボールを当てると痛くない」とコツを伝授します。そんな流れで、「TOKIO」は「中澤佑二」と一緒に「“ヘディング体験”」をすることとなりました。

まずは、「長瀬智也」が「ジャンピングヘッド」に挑戦します。「おでこの横に当てる」「ボールを見て叩く」という「コツ」を「中澤佑二」から教えてもらいましたが、一球目はおでこにかすることすらなく失敗してしまいます。「松岡昌宏」からは「これが普通だよ!これが40歳超えた男の動きだよ!」と優しい「フォロー」が入りますが、「国分太一」は「なんか久しぶりに長瀬のカッコ悪い姿見た」としみじみします。「TOKIOメンバー3人」が見守る中、「長瀬智也」はみるみるうちに上達し、なんと「5球目」で華麗な「ゴール」を決めることに成功していました。




「長瀬智也」は「ゴール」を決めたあと「痛いっすね~」とぼやいていたものの、「松岡昌宏」は「最初の「ボールが」当たらないのから、5球でこんなに成長するのかと思うとさ、ちょっとすごいね!」と感心しました。「中澤佑二」も「ボールが高いんですよ。僕よりも高くて、ジャンピングヘッドをしてるんですよ!それがなによりすばらしい!」と、興奮気味に「長瀬智也」を絶賛していました。

この日の放送に視聴者からは、「長瀬くんさすがすぎるでしょ!超かっこよかった!」「髪を乱しながらも一生懸命ヘディングに挑戦する姿!なんてかっこいいんだ長瀬智也~!」「久しぶりに見る格好悪い姿からの急成長!すごい!超アイドル!」と大興奮の声が上がっていました。

「長瀬智也」の隠れていた才能が開花した瞬間を「ファン」は見られて幸せですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。