KinKi Kids 新曲★Topaz Love★堂本光一さん楽曲解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「KinKi Kids 新曲★Topaz Love★堂本光一さん楽曲解説」の事をお伝えしたいと思います。

2017年」に「CDデビュー20周年」の節目を迎えた「KinKi Kids」が、「1月24日」に「両A面シングル」「Topaz Love/DESTINY」を「リリース」します。「Topaz Love」は、「17年7月15~16日」に「横浜スタジアム」で行われた「KinKi Kids」の「20周年記念イベント」「KinKi Kids Party! ~ありがとう20年~」内で披露され、公演前に左耳の突発性難聴を発症した「堂本剛さん」と、「1人」で「ステージ」に立った「堂本光一さん」による合作でした。「イベント」から「ブラッシュアップ」して完成した同曲への思いを、「堂本光一さん」が「日経エンタテインメント!」「2018年2月号」「日経BP社」で語っています。

01年」発売の「シングル」「Hey! みんな元気かい?」の「カップリング曲」で、「ファン」に大人気の「愛のかたまり」など、これまで複数の楽曲を共作してきた「堂本光一さん」と「堂本剛さん」です。今回「Topaz Love」は、「シングル」「Family ~ひとつになること」「10年」以来、「約7年」ぶりに「2人」が書き下ろして完成した「1曲」です。「堂本光一さん」が「日経エンタテインメント!」で明かしたところによれば、「Topaz Love」は「KinKi Kids」の音楽制作に縁深い「シンガーソングライター堂島孝平さん」から「また2人の合作やろうよ」と背中を押されて作ってあった曲だったようです。「“20周年の記念に”」との意気込みは特になかったそうですが、結果的には「20周年の節目に生まれた忘れられない1曲になりました」といいます。




そもそもこの「1曲」に大きな変化が訪れたのは、「堂本剛さん」のみ別会場からの同時中継を実施した「17年7月」の「20周年イベント」かれでした。「堂本光一さん」は「イベント2日間のうち、初日に僕が“ラララ”で歌い、それを聴いた剛が翌日歌詞を考えてきて、2日目はその歌詞で歌いました。詞の内容に突発性難聴を想わせる単語も入っていて、その場のノリ」でつけた「仮タイトルは」「突発LOVE」「」。まぁさすがにそれはマズイだろうということで、発音はそのままに剛がTopaz Loveと改題し、歌詞も改めて推敲し完成させたものです」と、制作の経緯を振り返りました。

また、「メロディー」を作った際に思い浮かべたのは「深夜徘徊してる10代の女の子」の映像だったと語る「堂本光一」です。頭の中では「大人の社会をまだ知らない女の子の、甘酸っぱくホロ」苦い「イメージ」」を想像しながらも、作詞を担当する剛にはこの設定を伝えていなかったとか。あえて「テーマ」を伏せていた理由については、「彼が受けたインスピレーションのままに書いてほしかったから」と告白しつつ、「だけど、ふたを開けてみたらどことなく僕が描いたストーリーに近い雰囲気の詞になってました。不思議なもんです」と長年の付き合いだけに図らずも意思疎通がとれていたようです。

同曲の「一番オイシイところ」は最後の「Dメロ」だといい、「もともと予定にはなかったんですけど、作りながら2人だからこそできる手法を入れたいなという気持ちになって。刻むほうとゆったり歌うほうの掛け合いになっているんですが、きれいに仕上がったなと思います。詞もいいし」と剛の詞を褒めるなど、作品の仕上がりに自信をのぞかせました。




これには、「インタビュー」を読んだ「ファン」も「「日経エンタ」の新曲への自信にあふれた「コメント」、「スゴく」うれしかった。「愛のかたまり」のようにみんなに愛される曲になってほしい」「「日経エンタ読んだ。剛くんにTopazLoveイメージを伝えなくても結果的に想定に近い歌詞ができあがって。「2人」の信頼感がひしひしと伝わってくる」「光ちゃん、ここ数年なかったくらいTopaz Loveに対する熱がある。どんだけ自信あるの。どんだけ曲も歌詞も気に入ってるの」と感動に包まれています。

そんな「堂本光一さん」は、年始に公式携帯サイト「Johnny’s web」の連載「Show must go on」「1月3日付」を更新しました。「17年」の出来事をつづった後、「言葉で色々お伝えするのは得意ではないですが 2018年は更なる感謝を持って生きていこうと思っています」と「ファン」にお礼を述べていました。

その一方で、「週刊プレイボーイ」「集英社」の隔週連載「堂本光一 コンマ一秒の恍惚」では、気になる発言もありました。「同4日発売号」で「レーシングドライバー佐藤琢磨さん」と対談しているのですが、最後に「堂本光一さん」が「実は、僕も今年新たな挑戦を始める予定です。詳しいことはまだ言えませんが、この年になっても新しいことにチャレンジできるのはありがたいことなので、全力を尽くしたいです」と「コメント」しており、「ファン」は「光ちゃんの新たな挑戦ってなんだろう?ドキドキする」「「39歳」の「光ちゃんの新たな挑戦が楽しみで仕方ない」と期待を抱いています。今年は「KinKi Kids」の活動だけでなく、「堂本光一さん」個人の新仕事にも注目が集まるでしょうね。

KinKi Kids」「2人」の絆を感じさせる素晴らしい曲ですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。