中島裕翔★番組スタッフの要求★これはいけないでしょ&半ギレの訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中島裕翔★番組スタッフの要求★これはいけないでしょ&半ギレの訳」の事をお伝えしたいと思います。

「3月9日放送」の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」には、「中島裕翔、伊野尾慧、知念侑李、高木雄也」が登場しました。

今回の企画は、「制限時間90分」で創業年数が古い老舗店を見つけ出す「いただき名店探し隊」でした。舞台は「観光スポット」としても「大人気の街・鎌倉」で、「中島裕翔&伊野尾慧チームVS知念侑李&高木雄也チーム」に分かれての「ロケ」が敢行されました。




まず、「中島裕翔&伊野尾慧チーム」は飲食店の多い小町通りを探索しました。早々に「伊野尾慧」が興奮気味に「裕翔、これ右側見て!」と言いながら指差したお店は、「“鎌倉源氏の中菓子処”」と書かれた和菓子店「長嶋家」でした。そこで、山椒を使った餅菓子「切山椒」を食べていく「2人」でしたが、残り「1個」となった時、「番組スタッフ」から「半分ずつ、端っこから食べます?」と提案がありました。

その提案に、「中島裕翔」は「伊野尾慧」の顔をみながら戸惑いを見せますが、「伊野尾慧」は落ち着いた表情で「普通にめちゃめちゃチューしちゃうよ」と発言し、「中島裕翔」も「番組スタッフ」も大爆笑します。その後、「2人」はその要望通りに、一つの細長い餅菓子をそれぞれ左右から食べていくと、「キス」をしそうな「ギリギリ」のところで「中島裕翔」が「ひゃん!」という声を上げて、餅を引っ張る姿を見せるのでした。

その後、「伊野尾慧」は口に残った「一口サイズ」の餅を、さらに「2人」で分けようと「中島裕翔」の方に唇を向けますが、「もうこれはいけないでしょ!ゼロ距離すぎる!いや俺、切山椒でこんなんやったことないから!」と「中島裕翔」は「半ギレ」になりながら「ギブアップ」しました。肝心な創業年数はというと、「創業98年」ということでなかなかの出だしとなりました。それから数店舗を巡って、最後に辿り着いたのは「東洋食肉店」でした。そしてそこでもお店自慢の「“東洋の炭火焼豚”」を、「中島裕翔&伊野尾慧」は左右から食べ合い、視聴者を「ドキドキ」させるのでした。

一方、「知念侑李&高木雄也チーム」は、「高木雄也」が「プライベート」でよく遊びに行き、大好きな場所だという江ノ島に電車で移動し、江ノ島の老舗店を探すことになりました。「駅の名前見てるだけでニヤニヤしちゃう。好きすぎて」と本当にうれしそうな姿を見せる「高木雄也」は、電車が湘南の海の前にある駐車場を通ると、「マジで俺、この駐車場にいつもいるから」と告白します。「高木雄也」は「サーフィン」や「ダイビング」など「マリンスポーツ」が好きな「Hey!Say!JUMPイチ」の「“海男”」のため、湘南にもよく来ているのでしょう。




そんな「高木雄也」でしが、江ノ島で老舗店を見つけようとすると、ここは鎌倉市ではなく藤沢市ということが判明しました。江ノ島駅近くは、藤沢市と鎌倉市の境目ということで、「知念侑李」と「高木雄也」は急いで鎌倉市の「エリア」を探すと、しらす丼発祥のお店「かきや本館」を発見しました。ここは「創業120年」とのことでした。

結果はというと、「中島裕翔&伊野尾慧チーム」の「東洋食肉店」は「創業122年」。「知念侑李&高木雄也チーム」が最後に訪ねた和菓子屋「恵比寿屋」は「創業255年」と、「知念侑李&高木雄也チーム」の勝利で幕を閉じたのでした。

この放送に「SNS」では、「「“いのゆと”」って何でこんなに素晴らしいの?」「伊野尾くん、ほんとにツボすぎる」「いたジャン「“いのゆと”」やばい 伊野尾くんのお兄ちゃん感すごい」などの声が集まっていました。

「伊野尾慧&中島裕翔」「2人」の仲の良さが垣間見え「ファン」は「ドキドキ」した時間を過ごせたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。