安田章大★錦戸亮の知られざる事実★亮もそうやったんか&驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★錦戸亮の知られざる事実★亮もそうやったんか&驚愕」の事をお伝えしたいと思います。

「3月9日放送」の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「錦戸亮、大倉忠義、丸山隆平、安田章大」が登場しました。「ゲスト」に、女優の「岸井ゆきの」と俳優の「加藤諒」が出演しました。

「ゲスト」が自分の独特の「クセ」や「エピソード」を打ち明けて、一人だけ共感する人を探す「もひとりおるおる」「コーナー」は、的中するとたこ焼きが食べられるという「ルール」です。




まずは「岸井ゆきの」が「映画館では必ず端の席に座る」という「クセ」を告白すると、それに共感したのは「大倉忠義」と「安田章大」でした。「俺必ずやねん。出やすいっていうのもあるし、人に対して気遣いもせんでいいし」と、「安田章大」は人の前を通って席に行く時に気を遣ってしまうと告白します。その答えに「前通るの面倒くさいねんな」と「大倉忠義」も同意します。

さらに「安田章大」は「Lポップコーンにジュースを2個使うんで、僕」「カップルセットっていうのがあんねんけど それ一人で俺は」と、映画館に行った時は必ず「カップル用」の「セット」を注文し、「1人」で食べ飲みすることを明かしました。一方、「錦戸亮」は「俺、真ん中か一番後ろやったらまだわかる」と言い、「だって音がさ、右や左や後ろから飛んでくるわけやんか。それを楽しみたいと思っちゃう」と、映画館の通な楽しみ方を明かしたのでした。

また「加藤諒」の「親を名前で呼ぶ」という「エピソード」に共感したのは、「錦戸亮」ただ一人でした。「安田章大」が「亮もそうやって呼んでたんか?」と驚きをみせると、「錦戸亮」は「最近そうやねん」と、最近になって親を名前で呼ぶようになったことを告白しました。また話の流れで、「錦戸亮」の父親が「バイク販売会社」「レッドバロン」の看板の「イラスト」に似ていることも告白し、「スタジオ」の笑いを誘っていたのでした。




その後は、「岸井ゆきの」が「焼肉では自分がすべての肉を焼きたい」という「エピソード」を明かすと、共感する人は「ゼロ」でした。ですが、焼肉屋で「1年半」ほど「アルバイト」をしていたという「岸井ゆきの」は、そこでいろいろな焼き方を教えてもらったと話し、「スタジオ」で実演することになりました。

網の上で肉を数回滑らし、肉の脂で網に張り付かないようにしたり、肉の見た目だけで部位がわかる「岸井ゆきの」のことを、「関ジャニ∞メンバー」は「すごいな」「かっこいい」と称賛します。実際に「岸井ゆきの」の焼いた焼肉を食べると、「ほんまにうまい」「安田」「ちょうどいい」「大倉」「おいしい」「錦戸」と語り、「これできる女子って、すごいいいな」「安田」と大絶賛したのでした。

この放送に「ネット」上では、「どっくんパパはレッドバロンだそうです」「岸井ちゃんに対して、関ジャニ∞の優しい眼差しが癒やされた」「岸井ゆきのちゃんが面白かわいくて良かった~」などの声が集まっていました。

「レッドバロン」の看板の「イラスト」に似ている「錦戸亮」のお父さんを是非とも見てみたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。