マリウス葉★芸人評★的確すぎ&一体何者&視聴者騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「マリウス葉★芸人評★的確すぎ&一体何者&視聴者騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系、3月10日放送」は、「ゲスト」に「Sexy Zone・マリウス葉、デヴィ・スカルノ夫人、「GQ JAPAN」「コンデナスト・ジャパン」鈴木正文編集長」が出演しました。

先週に引き続き、今回も「日本一厳しいネタ見せSHOW 奇才のツボ」と題し、「デヴィ夫人」ら独特の感性を持つ「“奇才”」「3人」に、実力派若手芸人の「ネタ」を見てもらい、今後「ブレーク」するかを判定してもらう企画が行なわれました。




「オープニングトーク」にて、「二宮和也」が「マリウス葉」に「好きな芸人」を尋ねると、「サンドウィッチマンとか、僕、ドイツにいる頃から見てました」と「11歳」で来日するまでに生まれ育った「ドイツ」で「サンドウィッチマン」が出演するお笑い番組を見ていたと告白しました。その発言を「ワールドワイド」と称する「二宮和也」に、「マリウス葉」は「「“インターナショナル”」で」と返し、すっかり「バラエティ」慣れした余裕の表情を見せていました。

この日、最初に「ネタ」を見せたのは、「芸歴3年目」の「ワタナベエンターテインメント所属」「キラキラ関係」でした。「元バスガイド・ななえと、元消防士・ワタリ119」の「異色コンビ」です。「テレビ出演」で「ガチガチ」に緊張している「ワタリ119」は、冒頭で「ネタ」を言い間違えるなど大失態を見せ、その姿に「二宮和也」は「隣のスタジオまで緊張が届いてるんじゃないかなって。ワタリの緊張がすごかった!」と率直に「コメント」しました。

一方、終始険しい表情をして「ネタ」を見ていた「マリウス葉」は「Too nervous「緊張しすぎ」。口に出す練習が足りてないんじゃないですか?聞いて感じるだけじゃなくて、そこから実際にAction「行動」!」と、英語を交えながら具体的な「ダメ」出しを展開します。その後、「マリウス葉、デヴィ・スカルノ夫人、鈴木編集長」の「3人」とも「キラキラ関係」が「“ブレークしない”」と判断する残念な結果になりました。頭を抱える「ななえ」と、思わず「じゃあ、芸人辞めます」と言うほど落ち込む「ワタリ119」に、「マリウス葉」は「ここから上しかないって思えば、ポジティブ思考で。がんばりマリウス!」と独自の「エール」を送り、場を和ませていました。




次は「結成11年」の「トリオ」「ジェラードン」が、握手会の「アイドル・ファン・握手会」を手伝う「アルバイト役」を演じた「ネタ」を見せると、「マリウス葉」は「ワンタッチ足りなかったのかなって」と「ズバリ」。続けて、「もうちょっとギャップを見せるとか」「「アルバイト役ではなく」マネジャー役だったら、もっと深い関係があって面白いかもしれないです、ネタとして」と提案をしていました。これには「MC」の「平成ノブシコブシ・吉村崇」が「あの人、今年なんかの大会の審査員、マジでやる?的確すぎますよ!」と驚き、「マリウス葉」の発言を称賛していたのでした。

この放送に「ネット」上では、「「ニノさん」のマリウスくんが最高に面白い。一体何者なんだ?」「マリウスくんはいろんな可能性を秘めた人だね。今後、今までにない新しいジャンルの仕事とかできそう!」「マリちゃん、実はかなりの「“お笑い通”」なのかな?ちゃんと審査員してて驚いた」などの「コメント」が寄せられており、「マリウス葉」の新たな一面が見えていたようですね。

「マリウス葉」の「11歳」の頃から伊達にお笑い番組を見ていた訳ではないことが良く分かりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。