松岡昌宏★北海道会で大はしゃぎ★大黒摩季らとバンド結成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★北海道会で大はしゃぎ★大黒摩季らとバンド結成」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「3月10日」の放送では、「松岡昌宏」が「“北海道会”」の「エピソード」を語る場面がありました。




「“北海道会”」とは、北海道出身の「タレント」が集まる食事会のことで、「3月7日放送」の「VS嵐」「フジテレビ系」では、「ゲスト」の「平成ノブシコブシ・吉村崇」や「菊地亜美」が、最近行われた北海道会について言及していました。「歌が歌える場所」で飲み会が行われたとのことですが、そこでは歌手の「大黒摩季」が「ボーカル、GLAY・HISASHI」と「TAKURO」が「ギター、LUNA SEA・真矢」と「松岡昌宏」が「ドラム」という「メンバー」で演奏が披露されたことを明かし、「スタジオ」を驚かせていました。

この放送後、「松岡昌宏」は「ラジオ」にて「先日、前々からお話は伺ってたんですけど、「“第三回北海道民会”」ていうのをですね、平成ノブシコブシの吉村から連絡をいただき」と、北海道会に参加したことを「リスナー」に報告しました。会の「メンバー」はほかにも、「極楽とんぼ・加藤浩次、大泉洋、武田真治、原千晶、モーニング娘。の元メンバー」などがいたとのことで、「これからも北海道を盛り上げて行こう!」と和気あいあいと語り合っていたことを明かしました。

その後、「松岡昌宏」は「大黒摩季」の「バック」で「ドラム」を叩いた経緯について説明しました。「松岡昌宏」いわく、宴もたけなわになり「加藤浩次」が「摩季ねえの「ら・ら・ら」で1回締めくくろうぜ!」と号令をかけたところ、「吉村崇」が「松岡昌宏」に「ドラム」を叩くよう「ムチャ」振りしてきたのだそうです。「松岡昌宏」は「バカバカ!お前そんな、急に言われても叩けねえよ!しかもカラオケに合わすなんて無理じゃね?」と拒否したものの、「吉村崇」はさらに「HISASHI」と「TAKURO」にも「ギター」を要請したそうで、「松岡昌宏」は「もうそんなこと言われたら断れないじゃん!」と覚悟を決めて「ドラム」を叩いたと説明しました。




「大黒摩季」から「適当に合わせて叩くのでOK」と言われて演奏したという「松岡昌宏」ですが、結果的には「すげえ楽しかったんだよ!」と声を弾ませて報告します。即興とは思えない演奏には、「大黒摩季」も「いいね、なんかね!」とご満悦だったそうで、「松岡昌宏」は「即席北海道バンド、みんな大盛り上がりになって」「加藤さんとか超喜んでくれて。大泉洋さんとかも歌ってて。なんかいい感じでしたよ!」と北海道会の「メンバー」が大盛り上がりしていたことを、うれしそうに振り返っていました。

同郷の「タレント陣」に囲まれ、楽しい時を過ごした様子の「松岡昌宏」です。最近は「TOKIO」として楽曲を披露する機会がほとんどないため、「ラジオ」を聞いた「リスナー」からは「ドラマー松岡昌宏、見たいよ!」「松岡くんが楽器を封印してないとわかって安心した」「ドラムを叩いてうれしそうにしてる松岡くん、すてきだな~」といった声がありました。北海道会で大絶賛された「ドラム」を、「ファン」の前でも披露してほしいものですね。

「北海道民会」の結束力の強さを再確認できた「松岡昌宏」もかなり嬉しかったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。