村上信五★渋谷すばるとの思い出語り★あいつがおってくれたら&無念の訴え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★渋谷すばるとの思い出語り★あいつがおってくれたら&無念の訴え」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五くんと経済クン」「文化放送、3月9日」にて、昨年「グループ」を脱退した「渋谷すばる」について語られる場面がありました。




「リスナー」からの「タクシー運転手さんに目的地を「“目黒”」でお願いして寝てしまい、起きたら「“目白”」だった」という失敗談を聞いた「村上信五」は、自身も「ジャニーズJr.時代」に同じ経験があったと語り始めます。「昔、六本木に「ジャニーズ事務所の」合宿所あったんですよ。そらまあ15〜16「歳」の頃ですけどね、全然、東京の地理がわからん時。渋谷に買い物行きたいなあと言うてて。でも、電車もバスもようわかってなかったから、じゃあもうこれはタクシー乗ろうと」とのことで、上京して間もない頃の経験だったそうです。

「村上信五」は続けて「「センター街行ってください!」って言うて、友だちとワーっとしゃべって、着いたら「“千駄ヶ谷”」に着いてたいうのは、いっぺんありますけどね」と話し、この話を聞いた共演陣は驚きの反応でした。これを受け、「村上信五」は「いや、これほんまに信じてもらえへんのやけどなあ。これ、「渋谷」すばると一緒やったんですよ!せやねん、だからあいつがおってくれたら「この話、絶対ほんまやで!」って言えんねんけど」と必死に訴え、一緒に乗っていた「“友だち”」が「渋谷すばる」であったと明言しました。

「今やったら道中でわかりますよ?当時はわかれへんから、「センター街ってこんなに人少ないんやあ〜」って思って「笑」。で、駅見たら「“千駄ヶ谷”」ってあったから!」と「村上信五」は「エピソードトーク」を続け、共演の「文化放送・長麻未アナウンサー」に「ネタみたい」と笑われる場面もありました。「村上信五」は最後に「関西弁やったし、めちゃめちゃ。ちょっと騙されたんちゃうかな。だって、今みたいにナビついてないしさ、当時。ほぼ20年前の話やからね」と話をまとめていました。




この放送を聞いていた「ファン」からは、「村上信五」が突然「渋谷すばる」の名前を出したことについて「すばるくんの名前出してくれてありがとう!」「村上くんのラジオで、すばるくんの名前!サラッとだったけどうれしい!」「「あいつがおってくれたら」って!すばるくんに聞いてほしいよ~!」と喜びの声が続出しました。

一度は「友だち」と言葉を濁した「村上信五」でしたが、その後「すばる」と発言するなど、今でも「渋谷すばる」との絆は深いようです。進む道は違っても、今でも友情が続いていることがわかった放送回でした。

脱退以降も大切な「元メンバー」の事を語りだす「村上信五」の思いやりが垣間見える放送に「ファン」も感動したようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。