有岡大貴&高木雄也★東京ドーム警備員★ステキ&素晴らしい&絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有岡大貴&高木雄也★東京ドーム警備員★ステキ&素晴らしい&絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が、「3月8日深夜」に放送されました。

この日、最初の話題として取り上げられたのは、先日同番組で話題になった「京セラドーム大阪」の「“ジャンプ禁止”」という「ルール」に関連した、「コンサート会場」や周辺施設のさまざまな決まりについて。まず読み上げられた「リスナー」からの「メッセージ」は、「東京ドームシティにあるゲームセンターでは、コンサートの日は必ず、そのアーティストの曲が流れています」というものでした。




「東京ドーム関連」ではほかにも、「警備員がHey!Say!JUMPの楽曲名に絡めて会場案内をしていた」という情報が寄せられており、さらに、福岡公演に参加したという「リスナー」からは、「福岡空港に飛行機が着陸する際、「ご利用ありがとうございました。本日のコンサートがいいものになりますように」というアナウンスが流れた」との報告がありました。

「コンサート」に訪れた「ファン」を楽しませるため、さまざまな気配りがされていることに対し、「高木雄也」が「いろいろあるんだね~」と「コメント」すると、「有岡大貴」も「うれしいですね。コンサートをいろいろ周りが盛り上げてくれてる感じ、ステキですね」としみじみ。特に「東京ドーム」の警備員にはかなり心が動かされたようで、「有岡大貴」が「素晴らしいね!」と絶賛すると、「高木雄也」も「ちゃんと勉強してくれたってことでしょ?Hey!Say!JUMPのことを。家でさ、なにがおもしろいかって考えてさ」と感慨深く話していました。

「有岡大貴」は続けて「順番だったり、守ってね!」と警備員の指示に従うよう「リスナー」に呼びかけつつ、「警備員さんがきっかけで、もっともっとHey!Say!JUMPが好きになったっていう方も、もしかしたら生まれてくるかもしれないしね」と期待を滲ませました。




この日の放送に「リスナー」からは、「直接じゃないけど、ファンに「マナーを守って」って言ってるのかな?」「マナーを守ってこそ、コンサートが楽しめるんだもんね。警備員さんの言うことよく聞きます!」「周囲の粋な計らいも、ファンがマナーを守らないと実現しないんだろうな」という声が集まっており、改めて自身の行いを考え直すきっかけになったようです。

「Hey!Say!JUMP」といえば、「一部ファン」の暴走行為がたびたび問題視され、「メンバー」自ら注意喚起をすることが珍しくありません。もしかしたら今回の話題は、「有岡大貴」と「高木雄也」が遠回しに「“マナー向上”」を呼びかけたのかもしれないですね。

「JUNPメンバー」を困らせている「一部ファン」も「東京ドーム」の警備員のように「ステキ&素晴らしい」と言われるようにならないと駄目でしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。