西畑大吾★ファンが怒りと失望&バカにしてる★声噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「西畑大吾★ファン★怒りと失望&バカにしてる★声噴出」の事をお伝えしたいと思います。

「1月17日」に「新メンバー3人」の増員を発表し、大きな注目を集めた「ジャニーズJr.」「内ユニット・Snow Man」です。あれから「約2カ月」がたとうとしていますが、「オリジナルメンバー」の「6人」を応援してきた「ファン」は、心の整理がついていない人たちも多いようです。そんな中、当事者の「Snow Manメンバー」や「Jr.仲間」の発言が賛否両論を呼んでいます。

「Snow Man」は「2009年」に「前身ユニット・Mis Snow Man」として誕生し、「12年5月」より「深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、岩本照、阿部亮平」の「6人」で活動を開始しました。「アクロバット」や高い「ダンス技術」を武器に、舞台「滝沢歌舞伎」や「少年たち」「シリーズ」で活躍しているほか、「Kis-My-Ft2、A.B.C-Z」ら「先輩グループ」の「バックダンサー」を務めてきました。「6年」にわたり「メンバー」に変更が出ることなく活動を続けていましたが、「1月中旬」に「関西Jr.」の「向井康二、村上真都ラウール、ユニット「宇宙Six」」から「目黒蓮」の加入が決定しました。

増員の一報を受けて「ファン」の間では、「6人じゃなくなるなら、名前変えて別のグループにしてほしい」といった批判が続出しました。「元タッキー&翼・滝沢秀明」による人事とされているため、「タッキーには本当に失望した」と落胆の声が上がることとなりました。




そんな中、「3月13日発売」の「週刊ザテレビジョン」「KADOKAWA」が、「Snow Man6人時代とはどんな時間だった?」と「メンバー」へ質問しています。「宮舘涼太」と「渡辺翔太」が増員について前向きな考えを示し、「渡辺翔太」は全員で歌った時の歌声が変わる可能性を予想しつつ、「だけど個人的には、今までとそんなに変わらない気がする」と「コメント」しました。また、「ファンのみんなはね、受け入れるのにちょっと時間かかっちゃうかもしれないけど」と、「ファン」の気持ちに寄り添っていました。

また、「6人時代最後」の仕事は「映画 少年たち」「3月29日公開」だと触れた上で、「メンバー」は「まぁ6人時代は ちょっと簡単過ぎる言い方ではあるけど、俺らにとっての青春といえば青春だったのかな。大人になるまでを過ごしたわけだから」「岩本」「この「映画 少年たち」の期間までが青春かな、と俺は思ってる。「いい年をして」って笑われるかもしれないけど、今までが長い青春時代で。ここからは6人が、男としての決断を一つして、また新たな道を行くっていう」「深澤」と「コメント」しています。「岩本照」は「6人での思い出がなくなるわけではない」と強調し、あくまで「グループ」の「再スタート」と捉えているようです。

ですが、この「6人時代は青春」といった表現に「ファン」は落胆しています。「頼もしく感じる」と好意的な反応もある一方、「ファンは青春ごっこではなく、CDデビューを目指して戦ってきたつもり」「25~26歳の男が「“青春”」?だからデビューできないし、後輩にも抜かされるんだよ」「「6人のSnow Manは青春時代」で片付けられる?自分たちのことも、ファンのことも蔑ろにしすぎ」と、不満を訴える声が多く上がっています。

さらに、「テレビジョン」の記事をめぐっては、「関西Jr.」「内ユニット・なにわ男子」の「西畑大吾」の発言にも非難が噴出しています。「好きなSnow Manの曲」の質問に、「西畑大吾」は「メンバー」の名前が歌詞に入ってる「オリジナル曲」「Snow Dream」を挙げ、「1番2番まで埋まってたら3番でもいいんで、康ちゃんをはじめ新加入の3人の名前も、今後入れてもらえれば という期待を込めて」と、「コメント」しています。長らく「関西Jr.」という枠組みの中で、「向井康二」と頑張ってきた「西畑大吾」ならではの理由でしたが。




同曲は「6人」の名前が歌詞に散りばめられており、「ファン」にとっては思い入れの強い曲のようです。それだけに、「ネット」上では「西畑、6人をバカにしてる?怒りと失望で言葉にならない」「西畑にはガッカリ。関西しか見えてないの?」「新メンバーから「3番を増やして」と言われるより不快」「西畑は昔の仲間に肩入れしすぎ」と「バッシング」が相次いでしまいました。「西畑大吾」といえば、読者投票によって順位が決まる「アイドル誌」「Myojo」「集英社」「2019年4月号」の「恋人にしたいJr.」「ランキング」で初の「1位」を獲得したばかりです。「“Jr.トップ”」の看板を持つ「西畑大吾」とはいえ、「他ユニット」の「オリジナル曲」に意見するのは筋違いだったようです。

「ネット」上で指摘されている通り、「向井康二」を思いやるだけでなく、「“6人派”」「Snow Manファン」の気持ちも考慮すべきだったようです。

すでに雑誌や「動画配信サイト・YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」に、「9人」揃って登場しているものの、「3月24日・25日」に「神奈川・横浜アリーナ」で行われる「Snow Man LIVE 2019 ~雪 Man in the Show~」が、歌や「ダンス」を含めた本格的なお披露目の場になる予定です。実際の「9人」の「パフォーマンス解禁」を楽しみに待ちたいですね。

「西畑大吾」の「メンバー」に対する思い入れと「Snow Manファン」の「メンバー」に対する思い入れの違いがかなり浮き彫りになってしまったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。