キンプリ★声優デビュー★グループに亀裂走る&メンバー動揺の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「キンプリ★声優デビュー★グループに亀裂走る&メンバー動揺の訳」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」を担当している「King&Prince」です。「3月11日~15日」は、先週に引き続き、「永瀬廉」と「岸優太」が「代々木アニメーション学院」を訪れ、「“声優”」に弟子入りしました。最終的に、番組内で放送している「アニメコーナー」「朝だよ!貝社員」で「声優デビュー」を果たしました。

実際の「アニメーション」で「アテレコ練習」をするため、「収録スタジオ」に移動してきた「永瀬廉」と「岸優太」です。まずは「卓球アニメ」「ゆけスマッ!!」「代々木アニメーション学院学生制作」で、超人的な「必殺スマッシュ」を打つ「主人公・卓」の声を「岸優太」、そして「卓」の「ライバル・木崎」を「永瀬廉」が担当することになりました。ですが、声を出す「タイミング」がわからず「いや~ムズイ!」「永瀬」、「口のタイミングが」「岸」と、「2人」ともお手上げ状態でした。




ですが、「リアル」な声の出し方を学んだところでもう一度挑戦すると、先ほどとは打って変わって「アニメ」の動きに「ピタリ」と声を合わせられるようになり、「やればできる子たちだよ、これ」と、師匠の「現役声優・松本梨香」から褒められていたのでした。

その後は、「海外アニメ」の吹き替えに挑戦します。口の動きが日本語と違ったり、英語に「アテレコ」しなければならなかったりと難易度が上がり、最初は「ダメだぁ~!」「岸」、「全然アカンわ」「永瀬」と手も足も出ない状態でしたが、繰り返し練習すると「すごーい!こんなにすぐできると思わなかったから。すばらしいね、やっぱり」と再び師匠から褒められるまでに大成長しました。

そしていよいよ「朝だよ!貝社員」で「声優デビュー」と思いきや、「同アニメ」の「監督・脚本」を務める「モリ・マサ」が、「セリフ」の多い課長役を担当できるのは「どちらか一人」だと発言します。そこで「岸」は「これはヤバい、グループに亀裂がはしるぞ」といい、「2人」の間に緊張感が漂う中、「セリフ」読みの「オーディション」をすることとなりました。

その結果、課長を勝ち取ったのは「岸優太」でした。一方、「永瀬廉」は「セリフ」が一言しかない脇役の女の子を担当しました。ただ、「岸優太」は「セリフ」が多い分、苦手な「“滑舌問題”」が発生します。ですが、そこは先週に教えてもらった必殺技「割り箸を噛んで発声練習をする」という方法を実践し、無事に「アテレコ」を終了させることができました。一方、「永瀬廉」は「セリフ」が一言のため、一瞬で「アテレコ」が終了しました。すると「永瀬廉」は「あの~「主役の」アサリ役とか大丈夫そうですか?もちろん使われるとは思ってません。録るだけ 録るだけ1回」と交渉し、「アサリ」の声に挑戦しました。




「収録ブース」の外で待っていた「岸優太」は、この展開に「ちょっと1回確認していいですか?」と慌てて質問します。そして「主人公・アサリ」の声を担当する「永瀬廉」に「俺よりオイシイじゃないですか!」と「ツッコミ」を入れ、「岸優太」が担当する課長の声まで「アテレコ」を始めたところで「お~お~、そこくるなよ!」と必死に制止していました。

結局放送された「アニメ」では、当初の予定通り、「岸優太」が課長、「永瀬廉」が女の子の役を担当していましたが、初心者とは思えない完璧な仕上がりになりました。「ネット」上では「すごい!2人ともうまっ!」「すごい成長してる!才能あるね~」「岸くんすごく上手!れんれんの女の子もまったく違和感なかった!」と絶賛の声が続出しました。

すっかり「アテレコ」の「コツ」をつかんでいた様子の「2人」です。この調子でいけば、声優の仕事がくる日もそう遠くはないかも知れませんね。

今回の企画を見る限り将来「2人」の声優の世界での活躍を「ファン」としては早く見たくなりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。