岡田准一★白い巨塔★得意のアクションシーンなし★視聴率が心配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岡田准一★白い巨塔★得意のアクションシーンなし★視聴率が心配」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ」「V6」の「岡田准一」が主演する「テレビ朝日開局60周年記念」の「5夜連続ドラマ」「白い巨塔」の「全キャスト」が先ごろ発表され、放送日も「5月22日〜26日」の「午後9時」に決定しました。

「山崎豊子氏」の同名小説が原作の「同ドラマ」です。舞台を「昭和30年代」から現代に時代背景を置き換え、大阪の大学病院で繰り広げられる熾烈な権力闘争を描きます。「岡田准一」が演じる「浪速大学医学部第一外科准教授・財前五郎」は自らの才能に絶対的自信を持ち、教授の座を狙います。




「財前五郎」の同期で内科医の「里見脩二役」を「松山ケンイチ」、「財前語」の愛人で「バー」の「ホステス・花森ケイ子役」を「沢尻エリカ」、「財前吾郎」の師である「第一外科教授・東貞蔵役」を「寺尾聰」が演じます。

関西ではおなじみ「超ひらパー兄さん」の「CM」では、「財前吾郎」とは対照的な「コミカル」な演技を見せている「岡田准一」です。振り幅の広さに驚かされますが、「岡田准一」といえば「超ストイック」なことで知られています。

彼はもともと小学生のときから歴史好きで、昔は中学の歴史の先生になりたかったようです。時代劇に出演するときは、いろんな書物を読みあさり、周りには学者並みの知識があると思われているほどです。




「アクション」を「スタントマン」なしでこなしているのは有名で、「ブルース・リー」が創始した「ジークンドー」、「フィリピン武術」の「カリ」、「初代タイガーマスク」の「佐山聡」が作り上げた「USA修斗」の「インストラクター認定」を受けています。また、役作りで体重を増やすときには「バームクーヘン」を「1日5〜6回」食べたそうです。

そんな「岡田准一」だけに、後輩からも慕われているようです。
彼は事務所内で「サークル」を立ち上げ、後輩らに「殺陣や演技、英会話」などを「レッスン」しているようです。今では他の事務所の俳優仲間も集まり、「“岡田部”」といわれています。

当たり前ですが、「白い巨塔」には「アクションシーン」はなく、正真正銘の演技勝負になります。ごまかしが一切利かない中で、「岡田准一」はどんな芝居を見せてくれるのでしょうか。

「岡田准一」色が随所に見られる今回の「白い巨塔」に「ファン」は「アクションシーン」以外の魅力を堪能したいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。