錦戸亮★脱退報道★ジャニーズ事務所激震★マスコミ各社へ通達された

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「錦戸亮★脱退報道★ジャニーズ事務所激震★マスコミ各社へ通達された」の事をお伝えしたいと思います。

先週発売の「週刊文春」「文芸春秋」が報じた「関ジャニ∞・錦戸亮」の脱退報道ですが、「ジャニーズ事務所幹部」が行った「“マスコミ工作”」を発売中の同誌が報じています。

先週の同誌によると、「錦戸亮」は昨年、「渋谷すばる」が脱退を決めた際に解散を主張します。そのため、ほかの「メンバー」と不仲になってしまったといいます。




そして、いつしか「グループ」を脱退する意向を固め、事務所の退所に向けた話し合いも進んでおり、夏までに結論を出す予定だというのです。

ですが、その後、「各スポーツ紙」が、「関ジャニ∞」が「7月」から「7年連続8回目」となる「5大ドームツアー」を開催することを報じ、「錦戸亮」を含む「全6人」の「メンバー」が参加するようです。とはいえ、「錦戸亮」の脱退についてはこれまで「否定コメント」が出ておらず、「ファン」からは不安の声が上がっていました。

発売中の同誌によると、先週号の発売前日、「ジャニーズ幹部」から各社に対し、「文春の記事には間違いがある」という話があったのだそうです。夏の「ツアー」に「錦戸亮」も参加するので、記事中の「「退所について」夏までに結論を出す予定」という記述が誤報だと説明したといいます。




また、各週刊誌に対しても、「錦戸亮」の脱退問題を「記事にしないで欲しい」と通達があったようです。ところが、今週発売の「週刊女性」「主婦と生活社」が、「大倉忠義」の脱退問題を報じたのを機に、他社も次々に取材を開始しました。「ジャニーズ」は「錦戸亮」脱退に関する記事が出ることを渋々、黙認したといいますが、「錦戸亮」の脱退記事は「ジャニーズ」を激震させたようです。

長年の「“天敵”」だったはずの「週刊女性」とは和解し、今年に入ってから「コンサート」や会見の取材を解禁しました。にもかかわらず、「スキャンダル」を書かれてしまうということは、以前に比べ「ジャニーズ」の「マスコミ」への圧力が弱まっている証拠のようです。「大倉忠義」の脱退についてもいまだに否定していないのが現状のようです。

「ツアー」後、「関ジャニメンバー」が「マイナス2」になる可能性もありそうですね。

「錦戸亮」脱退報道の後は「大倉忠義」の脱退報道と続き「ジャニーズ事務所」の今までにはなかった衰退状況が浮き彫りになっているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。