有岡大貴★ロケ中にハプニング発生★250万円損失の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有岡大貴★ロケ中にハプニング発生★250万円損失の危機」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、3月16日放送」に、「中島裕翔」と「有岡大貴」が登場しました。

今回から、さまざまな「カテゴリー」の最高金額を調査する「これが巷の最高金額」という新企画が「スタート」しました。今週の「テーマ」は、世界からも注目を集めている「盆栽」でした。番組調査による「高額盆栽ランキング」を発表します。解説に、盆栽専門雑誌「盆栽世界」「エスプレス・メディア出版」に連載を持つ、「盆栽漫画家・百万友輝氏」が登場しました。




まず手始めに、「中島裕翔」と「有岡大貴」の前に「2つ」の盆栽が並べられ、「高額盆栽ランキング第10位」の高額盆栽と「4万円」の盆栽を当てる「クイズ」が出題されました。「2人」とも同じものを高額盆栽だと予想しますが、実はこちらが「4万円」の盆栽でした。さらに、高額盆栽の値段が「150万」だと判明すると、「え?150万!?」「有岡」「10位なのに150万は早いって!」「中島」と「2人」は大きな衝撃を受けていました。

続けて、「第9位」が「300万円、第8位」が「500万円」だと判明すると、「中島裕翔」は「車!車!」と高級車が買える値段だと「ツッコミ」ました。さらに「内閣総理大臣賞」を受賞したという「第7位」の盆栽は、早速「1,000万円」の大台に突入しました。そんな中、「百万友輝氏」の提案で「鉢に入れる前の盆栽」を見てみることになります。そこには畑で栽培されている木々の姿があり、「え?これ盆栽?ちがうでしょ?」「有岡」「こういうところからくるの?盆栽って」「中島」と驚きます。これらの盆栽畑から職人が木を買い付けて加工し、「盆栽」として販売されるのだといいます。「有岡大貴」は盆栽畑を見ながら「こういう普通の木がもしかしたら1,000万になる可能性がある。まさに「“金の成る木”」じゃないですか!」と目を輝かせていました。

いよいよ「ベスト3」の発表となり、江戸川区にある盆栽美術館「春花園」に向かう一行。そこで「盆栽作家・小林國雄氏」がつくった「第1位〜第3位」の盆栽がすべて「1億円」だとわかると、「1億円!」「有岡」「宝くじ」「中島」と驚きのあまり言葉を失う「2人」でした。なぜここまで高額なのかというと、人工的に木の皮を削ったり、穴をあけたりする技術が関係しているそうです。ということで、実際に穴をあける作業を「小林國雄氏」に見せてもらうことに。「250万円」の盆栽を使い、番組のために穴をあけるということで、「失敗したら番組に買ってもらう」という「小林國雄氏」に、「そりゃもちろん!」という「有岡大貴」でしたが、穴を開けている最中に、「ドリル」が盆栽から抜けない「ハプニング」が発生します。




「小林國雄氏」の弟子たちが「30分以上ドリル」と格闘している間、「有岡大貴」は「ソワソワ」しながら「もし、お手伝いできることがあれば」と申し出ますが、「小林國雄氏」は「邪魔なだけ」と一蹴しました。その後、なんとか「ドリル」が抜けて、現場では大きな拍手が起こっていました。

この放送に「ネット」上では、「盆栽の値段に驚きまくる有岡くんと裕翔くんがかわいすぎて最高だった!」「有岡くんの気遣いがすばらしかった」と楽しんだ「ファン」がいる一方で、「「いたジャン」で盆栽の金額調べる企画ってどういうことよ?まったく興味なくてつまらなかった」「盆栽の値段調べるJUMPって「いたジャン」の失速感すごいわ」など番組の企画内容を疑問視する声も聞かれました。新企画であるため、これから面白い「コーナー」になっていくことを期待したいですね。

「250万円」の「盆栽トラブル」に「有岡大貴」も焦りあり何とかしたい気持ちが出てしまったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。