二宮和也★意外と深い話してしまった★最近のCD業界が助かってる訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★意外と深い話してしまった★最近のCD業界が助かってる訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「BAY STORM」「bayFM」が、「3月17日」に放送されました。




この日もさまざまな話題が取り上げられましたが、その中で「リスナー」の注目をもっとも集めたのは、「二宮和也」が学生時代に聞いていた音楽についてでした。「中学3年生」で受験を控えているという「リスナー」から、「帰り道に嵐の歌を聞いて励まされています。二宮くんは、学生時代に好きだったアーティストや、よく聞いていた曲はありますか?」と質問が寄せられたことをきっかけに、「二宮和也」が思い出の曲について語りました。

「学生時代、なに聞いてたかな」と一瞬考えを巡らせた「二宮和也」は、「GLAY!」と元気よく回答します。「時代じゃないですか、我々は」「GLAYさん、ゆずさん」と語り、続けて「大黒摩季さんね。「SLAM DUNK」だよね。アニメから聞く曲が多かったかもしれないよね」と、「1993~96年」にかけて放送されていた「アニメ」「SLAM DUNK」「テレビ朝日系」主題歌の印象が残っているそうです。

一方で、「「よく聞いてたな」っていうのは、そんなない」と特定の「アーティスト」にこだわらず、いろいろな音楽を聞いていたという「二宮和也」です。「ゆずさんとかGLAYさんとかラルク「L’Arc〜en〜Ciel」さんとか、その世代ですよね。バンドがすごいまた来たっていう時だったな」と振り返っていました。




その後、また「アニメソング」の話題に戻り、「二宮和也」は「誰それのどれっていうのはあんまりなかったけど、アニメに紐づいて「曲を聞いて」るかもね、割と」と自身を分析します。また、現在の「アニメソング事情」について「ちょっと変わってきましたよね。声優さんがそのキャラクターで歌ってるとかさ、そういうのがどんどん出てきたよね」と、いわゆる「“キャラソン”」が増えてきたと言い、「あれはたいしたもんだよな~」と感心しました。「それでCD業界は助かってるからね。ああいう人たちのパッケージを買わせるっていう売り方だもんね?」と話しつつ、最後には「意外と深い話をしてしまったね」と、「二宮和也」らしい「“ボヤキ”」で「コーナー」が締めくくられました。

この話題に「リスナー」からは、「二宮くん、GLAY聞いてたのか!確かに世代だよね」「GLAYもラルクも自分が聞いてたから、なんかテンション上がった!」という声や、「ニノがキャラソン聞いてるってこと!? 超意外!」「キャラソンについて語ってる二宮さん、なんか不思議」との反応がありました。学生時代に聞いていた音楽から、「二宮和也」の意外な一面が垣間見えた放送回でした。

誰にでも学生時代に聞き込んだ好きな歌や懐かしい歌があるのは当然ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。