錦戸亮★スタジオよりカラオケ行きたい★収録に抵抗の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★スタジオよりカラオケ行きたい★収録に抵抗の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「3月17日」は、「井上陽水」や「JUJU」らの「コーラス」を担当する「プロ歌手・今井マサキ、稲泉りん、YURI」を「ゲスト」に迎え、「すぐマネできる!! カラオケ上達法 平成のベスト30曲をプロが攻略」という企画が放送されました。




息継ぎの「ポイント」や「アクセント」のつけ方など、「カラオケ」が上達するための技術的な「アドバイス」がされていく中、「飲み物はウーロン茶を避ける」という変わった内容が飛び出します。「稲泉りん」いわく、「ウーロン茶」は体の油分を取ってしまうため、「「声が」カッサカサになっていきます」とのこと。これを聞いた「サバンナ・高橋茂雄」が「プロの方も、やっぱステージの前とかはウーロン茶飲まないようにしてるんですか?」と疑問を投げかけ、これをきっかけに、「錦戸亮」が「コンサート」中の「“ステージドリンク”」を明かしました。

「安田章太」から「亮ちゃん、なに飲んでるの?」と聞かれた「錦戸亮」は、「牛乳とウーロン茶」と即答し、「ゲストアーティスト」の「3人」は「え~!?」「すごい!」と驚きます。「稲泉りん」は「牛乳もあんまりよくない」と考え込んでいましたが、「YURI」は「もしかしたら、うまいことバランス取れてるんじゃないですか?牛乳飲んで粘膜に絡んでるけど、その上からウーロン茶飲んでるからプラマイゼロになってるかもしれない」と、実は「“いい飲み合わせ”」なのではないかと考察します。しかし結局、「両方意味ないってこと!」と「高橋茂雄」に「ツッコ」まれ、「スタジオ」は爆笑に包まれました。

さらに後半の「ジャムセッション」では、「錦戸亮&大倉忠義」の「ツインボーカル」と、「村上信五」の「ピアノ」で「中島みゆき」の「糸」「1992年」を披露しました。番組前半で「糸」を歌うときの「ポイント」として、「ブレスの仕方」や「語尾の歌い方」について「アドバイス」されていたため、「錦戸亮」は「このあとのセッションがめちゃくちゃ嫌ですね」と気乗りしない様子です。「村上信五」に「ええやんか、それは亮の「糸」やから」と背中を押されるも、「錦戸亮」は「スタジオより、俺はカラオケ行きたいですもん!」と抵抗し、再び爆笑が巻き起こっていました。




とはいえ、「錦戸亮&大倉忠義」の「ツインボーカル」は「ファン」から大好評で、「亮ちゃんの雰囲気ある声と大倉くんの甘い高音が胸にくる 最高!」「亮ちゃんの色気がある歌声と大倉くんの美しい高音のハーモニーがステキだった」「カラオケじゃなくて「関ジャム」で歌ってくれてありがとう!」との声が続出していました。

最近、「錦戸亮」の脱退説が一部で「ウワサ」されているだけに、「今後も変わらず関ジャニ∞として歌い続けてほしい」「これからもずっとグループのセンターでいてね!」という切実な声も聞こえてきました。「ファン」の思いは「錦戸亮」に届いているのでしょうか。

「脱退&退所」騒動後の「錦戸亮」の明るい表情が見られて「ファン」も少しは安堵したでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。