重岡大毅★マイナースポーツ★ファウストボール★日本代表入り決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「重岡大毅★マイナースポーツ★ファウストボール★日本代表入り決定」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「3月16日深夜」の放送では、「重岡大毅」が「マイナースポーツ」に挑戦し、あわよくば日本代表を狙う「発掘!トレジャースポ―ツ」の「コーナー」が放送されました。

今回挑戦する「マイナースポーツ」は、「バレーボール」の前身と言われる「ファウストボール」です。「バレーボール」と同じく「相手コート」に「ボール」を返すという「ルール」ですが、その際、「ボール」は必ず片手の拳で打ち、「ワンバウンド」まで許されるのが「ファウストボール」ならではの決まりとなっています。そしてこの競技で注目すべき点は、なんといっても「コート」が広いということです。「縦50m×横20m」の「コート」を「4人」で守らなければならず、かなりの運動量を要するのでした。




早速挑戦する「重岡大毅」ですが、独特の回転をする「ボール」についていけず悪戦苦闘します。さらに、「サッカーボール」ほど硬い「ボール」を使用していることから、「レシーブ」のたびに手に激痛が走るようで、「いってぇ~!」と悶絶してしまいます。なかなか上達せず落ち込む「重岡大毅」でしたが、同じ「コート」に「ファウストボール」の日本代表選手がいることを発見します。声を掛けると、その選手は競技を始めてから半年で日本代表になったことが判明します。すると「重岡大毅」は、「これ「日本代表」あるぞ!」と急に「“やる気スイッチ”」が入り、持ち前の運動神経を発揮し、一気に「コツ」を掴んでいきました。

上達したところで、「重岡の日本代表選考会」と称した試合をすることになります。日本代表に選ばれる条件は、「チームの勝利」と「ゲーム内で光るプレー」を見せることでした。日本代表入りの「チャンス」に「少し緊張してますけど、こんなチャンスは正直ないなと思ってます」と気合を入れた「重岡大毅」は、「サービスエース」を決めるなど絶好調です。徐々に「重岡大毅チーム」が「リード」を広げる展開になるも、「ちょっともう、腕が使い物にならねえ」と腕の痛みを訴える「重岡大毅」。ですが、最後はなんとか「重岡大毅」の「アタック」で勝利を収めることができました。

「重岡大毅」の活躍には、「コーチ」が「すばらしかったです!初めてですよね?日本代表のエースになれるかもしれない」と大絶賛します。さらに現役日本代表選手からも、「一緒にプレーしたいと思いました」と言われ、結果的に、試合に参加した選手全員が「日本代表入りの可能性あり」と「重岡大毅」の才能を認めたのでした。




「VTR」明け、「重岡大毅」は「僕のためにマジで「日本代表の枠を」1枠あけてもらってるらしくて」と衝撃の事実を告白します。他の「メンバー」は「え?ホンマに言うてんの?」「俺らのグループに日本代表が?」と衝撃を隠せない様子で、今年「8月」に「スイス」で「ファウストボール」の世界大会があると「重岡大毅」が伝えると、「おめでとう!」「いけいけ!」とすっかり「ノリノリ」です。「桐山照史」は「応援曲、うちらで歌わせてな!」と「早速オファー」し、「小瀧望」は「NEWSさんはサッカー、俺らファウストボール!」と大はしゃぎしていました。

この展開には、「重岡大毅」自身が一番困惑していた様子でしたが、日本代表に選ばれるだけの運動神経を持っていることは、しっかりと証明できたのではないでしょうか。

「重岡大毅」の日本代表入りが現実になれば「ジャニーズ」始まって以来、違った意味での快挙となるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。