村上信五★3000万円のピカソ作品★購入検討★めっちゃ迷ってん&告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★3000万円のピカソ作品★購入検討★めっちゃ迷ってん&告白」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五くんと経済クン」「文化放送、3月16日」にて、芸術について語る場面がありました。




「村上信五」は冒頭、「3月7~10日」に「東京国際フォーラム」で開催された「アートフェア東京2019」に行ったことを報告しました。以前、番組に「同イベント」の「エグゼクティブ・プロデューサー・來住尚彦氏」が「ゲスト出演」し、「アートと経済」について「トーク」を展開した縁もあり、「プライベート」で訪れたようです。

「お邪魔してきましたよ、「アートフェア東京」。いやあ、おもろかったっすねえ~!」と興奮気味に話し出した「村上信五」は、展示してある作品がすべて購入できると説明し、中には数千万円するような高級品もあったと明かします。「“歴史好き”」としても知られる「村上信五」ですが、「中国の魏の時代の、ちょっと前のお皿とか。メソポタミア文明の時の王族の持ってた守り神の猫とか」「「これ、孫権「三国時代の呉の初代皇帝」触ってたんかな?」みたいな!」と熱く感想を語り、大いに刺激を受けた様子でした。

そんな「村上信五」が購入を迷ったのは、なんと世界的に高名な画家である「パブロ・ピカソ」の作品だったといい、「ピカソの素描があったのよ。これ、めっちゃ「買おうか」迷ってん」と言ったあと、「なんやったかな、メモってきてんけどな」とその絵について解説します。なんでも、「ピカソ」が「ジャーナリスト」の「チャールズ・モリス」の娘を描いた素描だったとのことで、「3000万円」の値がついていたそうです。ですが「村上信五」は値段を聞き、「やめます~」とあっけなく購入を諦めてしまったとのことでした。




「ピカソ」こそ買わなかったものの、「村上信五」は「同イベント」で作品を「1つ」購入したといい、共演の「文化放送・長麻未アナウンサー」が詳細に探りを入れるも、「なにかは言わへんけどな」「値段も言えへんけど」と一切明かさずでした。ですが、作品を見た瞬間に「刺さってん、なんか。ピンってきてん。なんか、あれ、ええわあ」と感じたといい、気に入った「アート作品」との出会いをうれしそうに語っていたのでした。

「村上信五」といえば、「“甲冑の鎧”」を「ガラスケース」に入れて自宅に飾っていることを公言しており、実は美術品へ関心がある様子です。機会があれば、今回どんな作品を購入したのか教えてほしいものですね。

「村上信五」の美術品への才能が開花した瞬間だったかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。