手越祐也★イッテQ!★手越ゲーム★おもしろい&本人公認の内容とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「手越祐也★イッテQ!★手越ゲーム★おもしろい&本人公認の内容とは」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「3月19日深夜放送回」に、「メンバー」の「手越祐也」が登場しました。「手越ゲーム」なる遊びで盛り上がりました。

この日は、学生の「リスナー」から「手越ゲーム」という遊びがはやっていると「メッセージ」が届き、「小山慶一郎」が「手越さん、すごいっすよ。学校で「“手越ゲーム”」がはやっちゃってる もう、すごいですよね、これ!」と反応しました。一方、「手越祐也」は「なんですか、それは!?」と驚いており、自身の名前がついていながら、まったく内容を知らないようです。




なんでも、「手越祐也」が「レギュラー出演」している「バラエティ」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」を見た「リスナー」の友人が考案した、「対戦型ゲーム」のようです。相手が右手を上げたら「ナイスゥー」、左手を上げたら「ゴイスゥー」、両手を上げたら「ポッポポー」、「“テイポーズ”」をしたら「テイ!」と叫ぶのが「ルール」で、この掛け声はいずれも同番組内で「手越祐也」がよく発しています。

とりあえず、「小山慶一郎」と「手越祐也」がこの「ゲーム」に挑戦してみたところ、かなりの「ハイテンション」で「ナイスゥー!」「ゴイスゥー!」という声が飛び交い、「2人」とも大はしゃぎしました。ですが、「ルール」では「2人」が交互に言い合うところ、「小山慶一郎」が「2回連続」で動作を行ったため、「手越祐也」も「2回」掛け声を言うことになりました。「なんで2回やったの!?」と抗議する「手越祐也」でしたが、「小山慶一郎」は「なんだろう、言わせたくなるの」と、「手越祐也」に掛け声を言わせたかったがために、「ルール」を無視してしまったと言い訳をしていました。

そこで、「番組スタッフ」と「手越祐也」で再挑戦することになったのですが、やはり「スタッフ」も「手越祐也」に「ワード」を「言わせたくなっちゃう」といい、最終的には「ポゥポゥポゥポゥポッポッポーポゥポゥー!」「ゴイスゥー!」と「手越祐也」だけが「ハイテンション」で「ワード」を言い続ける展開になりました。これに「手越祐也」は「ダメじゃん!やりすぎよ!」と「ツッコミ」を入れ、「グダグダ」のまま「ゲーム」が終了しました。




また、「リスナー」から「新しいワードがほしいです」と「リクエスト」されていた「手越祐也」は、「ないよ!考えて言ってないから、出ねぇって!」と残念ながら「“新ネタ”」はないと発言しました。ですが、「手越ゲーム」については「2人」とも「おもしろい」「よく考えるねえ」と褒めており、「小山慶一郎」は「ちょっとやってみてよ、プライベートで」と「手越祐也」に勧めていたのでした。

「ファン」からも「手越ゲーム、NEWS全員でやって~!」「手越ゲームめっちゃ盛り上がりそう!」「コンサートのMCで手越ゲームやってほしい「笑」」と好評で、「やってみたい!」「明日学校でやる」という声も聞かれました。もしかしたら、今後「手越ゲーム」が大流行するかも知れませんね。

張本人の「手越祐也」や「小山慶一郎」の「2人」が盛り上がっているようなら「ファン」にも受け入れてもらえそうですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。