二宮和也&伊藤綾子★結婚は2020年★40歳まで耐える日々が続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也&伊藤綾子★結婚は2020年★40歳まで耐える日々が続く」の事をお伝えしたいと思います。

かねてより「ファン」が注視している「嵐」の「二宮和也」と「伊藤綾子カップル」の動向ですが、「週刊文春」「文藝春秋」が、「伊藤綾子」が「2020年には結婚できそう」と口にしていたと報じています。

言わずもがな、「嵐」は「2020年末」をもって「グループ活動」を休止します。ただ、「メンバー」の結婚は「2021年以降」になると見られています。「伊藤綾子」が「2020年には結婚できそう」と明言したのは、「2017年末」のことだといい、「嵐」と「ジャニーズ事務所」の話し合いが決着したのは「2018年6月」でした。このときは「2020年末」よりも前に活動休止を、という案もあったのかもしれません。




ともあれ、「大野智」の「脱退したい」という告白を受けて「嵐メンバー」が話し合い、「大野智」の脱退ではなく活動休止にしようと決めた時期と重なることは確かです。そして「2018年3月」に「伊藤綾子」は所属事務所を退社しています。

「ファン」にも週刊誌にも「“匂わせ綾子”」として叩かれてきた彼女です。「なんとしてでも別れて欲しい」「結婚するのはいいけど、綾子だけはダメ」等々、散々な言われようが続いています。そのため、結婚は既定路線であるとの報道に、「綾子の勝利だ」と揶揄する声もありますが、果たしてそうなのでしょうか。

「二宮和也」と「伊藤綾子」の交際は「2015年夏前」に「スタート」しており、まもなく「4年」になります。結婚「“できる”」のが「2020年以降」だとすれば、彼女は「40代」に突入します。出産を考えるのであれば「1日」も早いほうが望ましいとされる年齢でありながら、まだ何年も待ち続けることは、彼らにとって決して「“薔薇色の日々”」と言えるものではないのではないでしょうか。




「二宮和也」自身は「すぐにでも伊藤と結婚したがっている」が、「東京五輪の年「=2020年」を集大成としたい事務所は猛反対」したともあります。

「伊藤綾子」は「2020年には結婚できそう」という「セリフ」の後に、「それまでの我慢!」と繋げていたといいます。「アイドル」の伴侶として、我慢しなければいけないことは多いでしょう。そう考えれば「“匂わせ”」くらいどうってことはないようにも思えてきますよね。

早く結婚を決めたい「2人」ですが「ジャニーズ事務所」との折り合いもつかないようですね。この先も険しい道のりになりそうですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。