キスマイ★10万円でできるかな★煽りすぎ&ネタ切れ★ゴールデン昇格で暗雲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キスマイ★10万円でできるかな★煽りすぎ&ネタ切れ★ゴールデン昇格で暗雲」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の冠番組「10万円でできるかな」「テレビ朝日系」が「3月18日」からめでたく「ゴールデン」に昇格しました。「3月18日放送」の初回は「2時間スペシャル」が放送されましたが、「ファン」からは番組の先行きに早くも不安の声が上がっています。

「10万円でできるかな」は、「Kis-My-Ft2」「以下、キスマイ」の「メンバー」が、さまざまな「テーマ」に「予算10万円」で「チャレンジ」します。「2017年10月」の「番組スタート」以降、「サンドウィッチマン」と共に「10万円分「“食べ放題”」行って食べまくったら元取れるかな?」「通販でDIYグッズ10万円分買ったら、お家リフォーム出来るかな?」「10万円分でハロウィンの仮装したらコンテストで賞金ゲットして元取れるかな!?」「10万円通販お掃除グッズ買ったら年末大掃除出来るかな!?」など、毎週さまざまな「テーマ」を繰り広げてきました。

「18日」の「2時間スペシャル」では、「キスマイメンバー」が「宝くじ10万円分買ったら元取れるかな?」に挑戦しました。宝くじの「プロ」たちの理論に基づいた宝くじの必勝理論を伝授されたうえで、「7人」の「メンバー」が数字選択式宝くじ「ビンゴ5」「1口200円」をそれぞれ「10万円分、計3,500口」を購入しました。「350名」の「エキストラ」とともに「チーム戦」を繰り広げました。




結果、いちばん当選額が高かったのは「玉森裕太」で「51万6600円」でした。次に「藤ヶ谷太輔」が「5万200円、北山宏光」が「3万5700円、宮田俊哉」が「2万3200円、横尾渉」は「2万2000円、二階堂高嗣 1万5200円」、最下位の「千賀健永は1万3600円」という順番となりました。「舞祭組」「メンバー」が軒並み「ハズレ」て笑いを取り、「キスマイ」の持ち味である「“ジャニーズなのに三枚目キャラもイケる”」という魅力を発揮していました。

ですが一方で、番組予告では「ガチ高額当選発生」「テレビの歴史が変わる」「奇跡を起こす」などと視聴者を煽っていたため、期待していた視聴者は「SNS」で「玉森の50万円で高額当選は言いすぎ」「詐欺」などと落胆の声も相次いでいました。ちなみに「ビンゴ5」の「1等賞」は「550万円」であり、「50万円」で「ガチ高額当選」と謳えるか否かはたしかに微妙なところでしょう。

さらに「一部番組ファン」からは、最近の企画が「宝くじの10万円分購入」や「懸賞の大量応募」ばかりであることを指摘され、「もうネタ切れ感がすごい」「宝くじ企画マンネリでつまんないからわざわざスペシャルでやらなくても良かった」という厳しい声も上がっています。

こうした「ファン」による愛ある「“ダメ出し”」は相次いでいますが、「ネタ切れ気味だしゴールデンで続けられるか心配」「なんとな~く見るから面白いっていう深夜帯ならではの番組だったのに、ゴールデンで視聴率取れるのかな?」「せっかくゴールデン進出したところですぐ終わっちゃいそうで怖い」などと心配が先立ち、「ゴールデン昇格」を素直に喜べない「ファン」も多いようです。

「キスマイ」は「2012年」、初の冠番組「濱キス」「2012年4月~同9月/テレビ朝日」が「スタート」しました。「テレ朝」の深夜枠には、「キスマイ魔ジック」「2015年10月~ 2016年9月」、「キスマイレージ」「2016年10月~2017年9月」、そして「10万円でできるかな」へと出演を継続してきました。「苦節7年」を経てようやく念願の「初ゴールデン進出」というわけです。




一方で、この番組改編の流れには懸念もあります。「テレビ朝日」はかつて、深夜番組を「ゴールデンタイム」に昇格させることで「ヒット」を飛ばしてきましたが、近年は深夜帯出身の番組が「ゴールデン」で短命に終わる例も多いようです。

たとえば、「2005年」に月曜深夜枠で「スタート」して高い視聴者人気を誇った「くりぃむナントカ」は、「2008年4月」に「ゴールデン」に昇格した途端に視聴率が「ガクッ」と落ち、「同年9月」にはやばやと放送を終了「特番のかたちで不定期に放送されている」しました。また、「2014年」に「スタート」した「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」も深夜帯では「コア」な視聴者層を獲得していましたが、「2015年春」に「ゴールデン」に昇格すると視聴率が伸び悩み、「2017年3月」に放送を終了しています。

せっかく深夜帯で良い評判を獲得したにもかかわらず、「ゴールデン進出」によってあっさり打ち切られてしまう番組が相次いでいるため、深夜番組が「ゴールデン」に移動することを「ゴールデン「“降格”」」と揶揄し、否定的に捉える視聴者も少なくないようです。「キスマイ」の「10万円でできるかな」にも、こうした流れを危惧する「ファン」は多いのです。

「ジャニーズ」のなかでは「“二番手”」の「ポジション」に甘んじ、「ファン」のなかには「干されグループ」と嘆かれている「キスマイ」です。それゆえ、「新規ファン獲得」にもつながる冠番組の「初ゴールデン進出」はこの上なく喜ばしいことのはずですが、「ファン」は以外と冷静なようですね。

「ゴールデン昇格」以降の数字低迷は「キスマイ」でなくとも考えられる現象ですよね。「ファン」の力で何とか「視聴率アップ」できるように番組を見ていくことが賢明なことでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。