松岡昌宏★顔を真っ赤にして号泣★ヤバイ&ファン騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★顔を真っ赤にして号泣★ヤバイ&ファン騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「3月20日」に放送されました。この日の「ゲスト」は「V6・井ノ原快彦」と、「女優・上戸彩」でした。

「2017年8月放送回」には、「V6・坂本昌行」と「三宅健」が「ゲスト出演」しましたが、その中で「2人」は「デビュー秘話」を明かしていました。まず「坂本昌行」は、大阪に仕事に行っていた際に、「ジャニー喜多川社長」から電話があり、「実はこういうグループあるんだけど、メンバーどうしようか?「森田」剛と健がいて、岡田「准一」っていうのもいるんだけど、どうしようか」と、すでに「3人候補」がいる状態で相談を受けたと告白しました。「バレーボールワールドカップ」の「イメージキャラクター」を務める「グループ」であることから、当時「バレーボール」をやっていた「坂本昌行」は、「コーチ」を手伝うつもりで「バレー」の練習に行き、そのまま「V6」の「デビュー」が決まったと話していました。




一方、「三宅健」は「ジャニー社長」から「こういうメンバーでデビューしようと思うんだけど」と話を持ち掛けられたものの、その中に「森田剛」がいなかったことから「剛がいないんだったらデビューとかしたくない」と拒否したようです。当時、「三宅健」と「森田剛」は「ジャニーズJr.」内でも「1、2」を争う人気だったことから、「ジャニー社長」は「You「三宅」が一番になるグループにしたい」と言っていたものの、「三宅健」は「あいつ「森田」を入れてくれたらデビューしてもいいよ」と答え、そこから「メンバー」が決まっていったと主張しました。「坂本昌行」と「三宅健」の話は微妙に食い違っており、放送当時、「TOKIOメンバー」は困惑していたのでした。

そして今回「ゲスト登場」した「井ノ原快彦」は、「俺は坂本くんから電話が来て、「今度新しいグループがあるから、お前は選ばれてる」って「言われた」」と「坂本昌行」から「V6結成」を知らされたと回想しました。その際、当時「Jr.入り」して間もない「岡田准一」を「グループに入れるか迷っている」ことも伝えられていたと明かしていました。そんな中、「バレー練習場」で「Jr.」たちに混ざれず「ポツン」としていた「岡田准一」を誘い、「井ノ原快彦、坂本昌行、長野博」の「4人」で練習していたところ、「ジャニー社長」が現れ、「ほら見たことか、あいつら4人だけじゃないか。バレーボール「の練習」やってるの!」と言い放ったそうです。そこで「岡田准一」を含めた「4人」と、「三宅健・森田剛」の「デビュー」が決まったと語っていました。

これに対し「国分太一」は、「また新たな情報入ってきましたよ?」と苦笑いします。「長瀬智也」も笑いながら「真実はどうなの?」と問いかけ、「松岡昌宏」も「V6の誕生はどこまでがどうなの?」と困惑します。まったく別の「デビュー秘話」を語った「3人」に、「TOKIOメンバー」は戸惑いを隠せない様子でした。

一方、「井ノ原快彦」と「松岡昌宏」は同い年で、「ジャニーズ入所」から「30年来」の親友関係です。そこで、「松岡昌宏」の性格をよく知る「井ノ原快彦」が、知られざる「松岡昌宏」の「涙エピソード」を告白することになりました。「Jr.時代、ピアニスト」の「リチャード・クレイダーマン」が好きな「松岡昌宏」は、合宿所で夜景を「バック」に音楽を流しながら「井ノ原、俺泣けてきたわ」と、しんみり語りだしたんだそうです。「井ノ原快彦」いわく「頑張って泣いてる」様子だったものの、「松岡昌宏」は「ほら見て!泣けたでしょ?」と得意げに涙を見せつけてきたんだそうです。この行為は、「俺スゴイでしょ!夜景とリチャード・クレイダーマンで泣けるから!」という「アピール」だと「井ノ原快彦」が指摘すると、「スタジオ」は大笑いとなりました。当の「松岡昌宏」は、聞くに堪えないといった様子で、笑い涙を流しながら「ハンカチ」で目元を押さえ、「病んでたんだよ!」と弁明したのでした。




「井ノ原快彦」による暴露は、この後にも。二人とも忙しくなった「30代」、これからあまり飲みに行けなくなるということで、「松岡昌宏」が「最後に俺が連れて行ってやる」と飲み屋に案内してくれたんだそうです。「1軒」かと思いきや「5軒」ほどはしごした挙げ句、「最後に俺んちでシメよう」と「松岡昌宏」の自宅へ。そこでも夜景を見ながら、「松岡昌宏」は「俺とおまえも結構長いよな。やべえ泣けてくるわ」と「ポツリ」。「まだ泣くの!? まだ夜景見て泣くの!? と思って」と「井ノ原快彦」が振り返ると、「松岡昌宏」は目頭を押さえながら声を出して大笑いしたのでした。

このほかにも、中学時代、「井ノ原快彦」が「40度」近い熱で寝込んでいるにもかかわらず遊びに来て、一人で「スケッチブック」に絵を描いていたという「松岡昌宏」。作品の「テーマ」は、「同級生の男女がお互い好きなんだけど、好きと言えずに、そのまま大人になって、ある日バーでバッタリ会う」「その時に飲んだカクテル」だったと「井ノ原快彦」に暴露されると、「松岡昌宏」はまたも目頭を押さえながら「中2よ!」「だって、そんな話を聞いてくれるヤツいなかったんだもん!」と顔を真赤にして声を張り上げたのでした。

この日の放送に視聴者からは、「松岡の中2エピソード最高!」「松岡くんの話ヤバイ!涙出るほど笑った」「イノッチとの思い出話に、顔真っ赤になって照れて泣き笑いする松岡くん、かわいい!」「イノッチと松兄の仲良しっぷり可愛すぎる」という声が続出しました。お茶の間も笑いに包まれたようです。

「松岡昌宏」の熱い気持ちが「Jr.時代」からあったことを伺わせる「エピソード」には思わず笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。