関ジャニ∞★ワイプ芸に物申す★知られざる出演者★ウラ事情暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★ワイプ芸に物申す★知られざる出演者★ウラ事情暴露」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「3月20日深夜」の放送では、「お笑い芸人・中川家」を「ゲスト」に迎え、「トーク」が繰り広げられました。




「中川家・剛」から「テレビのワイプ芸はいらない!」という「“こだわり”」が披露され、「バラエティ番組」の「ワイプ」で過剰に「リアクション」を取る演出について意見が交わされました。その中で、「錦戸亮」が「「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」の時、難しくないですか?これ口ずさむべきなんか」と切り出し、「関ジャニ∞メンバー」が共感します。「村上信五」は「口ずさんでて「カメラに」抜かれるパターンと、抜かれてから口ずさむヤツいますよね!」と、出演者によって対応がさまざまだと明かしました。

すると「剛」が「「ミュージックステーション」「のワイプ」って、なんで「“人殺しそうな顔”」してんの?」と、「ワイプ」に映る「アーティスト」が怒っているように見えると指摘しました。これには再び「村上信五」が「モニターの角度がめちゃくちゃ下なんですよ!」と、「VTR」が映っている「モニター」が足元にあるため、どうしても目線が下にいってしまい「目つきが悪くなる」と裏事情を暴露していました。

その後、話題は「テレビ界」への不満へと移り、「横山裕」から「スタッフ」についての不満が。なんでも、打ち合せの際に「“わざとらしい関西弁”」でしゃべる「スタッフ」がいるらしく、「オレ、関西弁しか通じへんと思ってんの?」と「ウンザリ」しているのだそうです。さらに「村上信五」は「打ち合わせで台本を全部読む人」が苦手だと話し、その「タイプ」の「ディレクター」が打ち合わせの際に登場すると、ちょっとした「バトル」が繰り広げられるといいます。




「村上信五」は台本をすべて把握して打ち合わせに参加しているため、読み上げが始まると「大丈夫」と「ディレクター」を制止するそうです。それでも最初から一字一句読み上げようとする場合、「村上信五」は「ディレクター」より先に台本をめくり、自ら流れを説明して打ち合わせを終わらせようとするのそうです。ですが、この「タイプ」の「ディレクター」は「村上信五」の説明が終わると「はい、では」とまた「1ページ目」から読み上げを始めるそうで、「村上信五」は「丁寧な方ほどね」と控えめに不満を訴えたのでした。

今回の放送では、「タレント」ならではの苦労や不満が明かされ、「今度から意識してワイプ見てみよう「笑」」「「“ワイプ芸”」のこと気になってたから、裏事情が知れておもしろかった」「村上くんとディレクターさんの戦いがあって番組ができてるのね」とさまざまな反響がありました。

視聴者には分からない「Mステ」の「ワイプ」事情が分かりましたよね。次回からの「Mステ」の見方が今までと違ってくるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。