SixTONESライブ★完全にKAT-TUN★二番煎じ&波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「SixTONESライブ★完全にKAT-TUN★二番煎じ&波紋」の事をお伝えしたいと思います。

「3~5月」にかけて「神奈川・横浜」と大阪で「単独コンサート」「CHANGE THE ERA -201ix-」を開催する「ジャニーズJr.」「内ユニット・SixTONES」です。「メンバー」には、有名俳優の「二世、元ジャニーズ」の弟がいるなど、個性豊かな「6人組」で、「最もCDデビューに近いJr.」と「ウワサ」の「グループ」です。「動画配信サイト・YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」効果で新たな「ファン」を獲得している中、開幕したばかりの「コンサート」については「KAT-TUNの二番煎じ」と、手厳しい評価が相次いでいます。

「SixTONES」は「2012年4月期」の「深夜ドラマ」「私立バカレア高校」「日本テレビ系」に出演した「メンバー」で結成された「ユニット」です。「京本政樹」の「息子・京本大我」は、端正な「ルックス」や伸びやかな歌声が特徴で、「アメリカ人」の父を持つ「ハーフ」の「ジェシー」とともに「メインボーカル」を担当しています。「高地優吾」は「バラエティ」「スクール革命!」「日本テレビ系」に「レギュラー出演」しており、「松村北斗」は今年「4月期」の「松坂桃李主演ドラマ」「パーフェクトワールド」「フジテレビ系」に「松坂桃李」の友人役として抜てきされるなど、今後の活躍が期待されている「Jr.」の一人のようです。残る「2名」は、「元KAT-TUN・田中聖」の弟である「田中樹」と、「元Hey!Say!JUMP・森本龍太郎」の「弟・森本慎太郎」です。「メンバー」による「フリートーク」の面白さや、「KAT-TUN」を彷彿とさせる「ワイルド」な「パフォーマンス」を得意とし、「ファン」から支持を集めています。




昨年秋には「日本人アーティスト」で初めて「YouTube アーティストプロモ」「キャンペーン」に起用されたほか、「オリジナル曲」「JAPONICA STYLE」の「ミュージックビデオ」の監督を「滝沢秀明」が担当したことでも話題になりました。さらには、「3月29日公開」の「映画 少年たち」の「メインキャスト」を務め、同日放送の「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」への出演も決まるなど、「ノリ」に乗っています。

そんな中、「3月21日」より「横浜アリーナ」で「単独コンサート」「CHANGE THE ERA -201ix-」が「スタート」したのですが、初日の「1公演目」終了後、その曲目に賛否両論が噴出しました。参加した「ファン」の「レポート」によれば、「オリジナル曲」以外には「KAT-TUN」の「THE D-MOTION」「ハルカナ約束」をはじめ、「元KAT-TUN・赤西仁」の「ソロ曲」など、「“KAT-TUN尽くし”」の構成だったといいます。

「SMAP」の楽曲を歌う場面や、「ソロコーナー」では「他グループ」の「カバー」も見られたようですが、「KAT-TUN」の楽曲が大部分を締めていたことから、「ネット」上では「完全にKAT-TUNコンサートだった」「SixTONES、とことんKAT-TUNしばり」といった感想が続出しました。




「SixTONES」は、かねてより「コンサート」や「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」で「KAT-TUN」の楽曲を披露しているため、「KAT-TUNばかりの選曲で、めっちゃ楽しかった!」と、喜ぶ「ファン」も多いのですが、「まさかここまでKAT-TUNだとは思わなかった。ガッカリ」「KAT-TUN路線に行きたいのはわかるけど、丸々同じにして恥ずかしくないのかな」「田中の弟がいるし、グループの雰囲気が似てるからって、KAT-TUNにこだわらなくてもいいのに」「もっといろいろなテイストの曲をやればいいのに。ワンパターンだよ」などと、否定的な反応も少なくないようです。

「KAT-TUN楽曲」の中でも、「マニアック」な曲が多数披露されたそうで、「盛り上がる曲が多くてもよかったのでは」という指摘もあったようです。「お客さんが喜ぶことより、自分たちのやりたいことをやってる感じ」という興ざめした声も上がっています。「デビュー目前」と言われる「グループ」の「単独コンサート」にしては、勢いが増すどころか、今後の課題が浮き彫りになる結果となってしまったのかもしれません。

「3月1日」に利用が始まった「Jr.公式エンタメサイト」「ISLAND TV」では、「23日午後1時30分」から「SixTONES」の公演を生配信しました。開演~中盤の「MC」までを配信する「ライト版」で、販売価格は「500円」「税込み」となっています。また、「5月1~2日」には「大阪城ホール」で公演を行いますが、「ファン」の指摘を受けて、曲目や構成は改善されていくのでしょうか。

「SixTONES」の「本格的デビュー」を前提に「コンサート内容」が構成されたのであれば「ファン」として少し物足りなさを感じずにはいられないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。