中居正広★中居正広のニュースな会★MC抜擢&炎上を心配される理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「中居正広★中居正広のニュースな会★MC抜擢&炎上を心配される理由」の事をお伝えしたいと思います。

「中居正広」が、「4月」から放送される新番組「中居正広のニュースな会」「テレビ朝日系、毎週土曜12~13時、一部地域除く」で「MC」を担当します。「中居正広」が同局の「ニュース番組」に携わるのは、「サンデージャングル」以来「19年」ぶりです。

土曜の午後に放送される「中居正広のニュースな会」は、「1週間」の「ニュース」を振り返って「ランキング形式」で紹介し、視聴者目線の「中居正広」が「○○って何?」など素朴な疑問を「ピックアップ」します。「スタジオ」に招いた専門家にわかりやすく解説してもらうという「スタイル」で、視聴者が親しみやすい「ニュース」の見方を目指すといいます。

「中居正広」は、「SMAP時代」から「トーク力」を買われ、さまざまな番組で「MC」として活躍してきました。現在持っている「5本」の冠番組のうち、「中居正広の身になる図書館」「テレビ朝日系」は今月「11日」で終了、「ナカイの窓」「日本テレビ系」は今月「27日」で終了と、春の改編で「2本」が打ち切りになりますが、来月からは「中居正広のニュースな会」に加え、「日テレ金曜枠」の「プラチナイト」でも「MC番組」が始まる予定です。




しかしながら、「中居正広のニュースな会」に関しては、その「タイトル」通り「ニュース番組」であり、「中居正広」が「ニュース番組」の「MC」を担うことを不安視する声も出ています。持ち前の「トーク力」で「スタジオ」を盛り上げる「中居正広」ですが、しばしば軽率な言動が見受けられるからです。

たとえば、今月「20日深夜」に放送された「ナカイの窓 ハワイSP!前編」「日本テレビ系」では、「中居正広」と「ゲスト参加」した「Kis-My-Ft2」「以下、キスマイ」の「千賀健永」が「水上トランポリン落とし合い対決」を行いました。「千賀健永」は「中居正広」が「プロデューサー」を務める「キスマイ」の「派生ユニット・舞祭組」にも名を連ねており、共演歴も多い。

「トランポリン」に降りた「中居正広」は「世の中のアイドル好き、世代交代だと思ってるだろ?!」「俺の番組が終わって次の番組やるのはこいつだ!」と叫びます。というのも、「11日」で終了した「中居正広の身になる図書館」の後番組は、これまで火曜深夜に「30分」の時間枠で放送されていた「キスマイ」の「レギュラー番組」「10万円でできるかな」「テレビ朝日系」となっています。「俺はここで潰して もう1回のし上がる!」と宣言する「中居正広」と、後輩にあたる「千賀健永」の対決が始まりました。

「千賀健永」は「中居正広」に馬乗りになり「おい中居、この野郎!いい加減にしろよ!」「俺をおもちゃだと思いやがって! 俺だって生きた人間なんだよ!」「落としてやる!」と叫んでいましたが、途中で形勢逆転となります。「中居正広」は後ろから「千賀健永」の水着を脱がしにかかり、お尻が露出した状態の「千賀健永」を海に突き落とし、「千賀健永」の下半身は「“自主規制”」の「テロップ」が施されていました。「千賀健永」と同じく「ゲスト参加」していた「アンタッチャブル」の「山崎弘也」は「これをまさか芸人が見守る時代が来るとは!」と「大ウケ」しました。

ですがこの演出を、「千賀健永」にとっての「見せ場」「おいしい展開」や「面白い!」と捉える視聴者ばかりではありません。後輩であり「アイドル」の「千賀健永」の水着を脱がせるという「中居正広」の行為を「下品」「パワハラ」と批判的な声も多いようです。「中居正広」は年末年始の放送された「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2018→2019」「TBS系」でも、生放送中に「千賀健永」の居住地を「バラ」してしまうという失態を犯しています。「2月26日放送」の「10万円でできるかな」で「千賀健永」は、自宅を探しに来た「ファン」に弟が話しかけられたと語り、家族で引っ越しを検討していると打ち明けていますが、「千賀健永」や家族にとって迷惑千万な話です。




また、「ナカイの窓」「2月27日深夜放送回」の、「世直しの窓」という世の中の不満を語り合う「コーナー」の中で、「中居正広」は外国人の「コンビニ店員」を小馬鹿する一幕がありました。

「外国人の研修生、最近なんか増えてるのよ。一万円札渡して、で、お釣りを千円札でほしかったんです。で、「お釣り千円で」って言ったら、「なんですか?」って言うから、「釣り千円で」って言ったら「ずりせんですか?」「と返ってきた」。「釣り千円で」って言ったら、「ずりせんですか? ちょっとすいません。店長さん、店長さん。ずりせん。ずりせん。なんですか?」って言ってた」

「中居正広」は自分が言った「釣り千円で」を、外国人の「コンビニ店員」が「ずりせん」と聞き違えたことを「ネタ」にし、「スタジオ」内からも笑いが飛び交っていました。「中居正広」の「ネタ」を「あくまでバラエティ番組での話に過ぎない」とする意見もありますが、全国に放送され老若男女が視聴することを踏まえると、その影響力は無視できないでしょう。外国人の日本語能力を嘲笑したり馬鹿にすることが、「やってよいこと」だと受け止められてしまう「リスク」を孕んでいるのです。今年「4月」から出入国管理法「入管法」改正案が施行され、外国人労働者はさらに増えるであろうという中、差別とも取れる発言はとても笑えるものではないでしょう。

こういった「中居正広」の言動からは、「ニュース番組」「ワイドナショー」「フジテレビ系」で事件を笑いの「ネタ」にしようとし、度々炎上している「松本人志」のような最悪の事態に陥ることも想定されてしまいます。「4月」から始まる「中居正広のニュースな会」は、「ストレート」でわかりやすい物言いよりも思慮深さを大事にしてほしいですね。

「2番組」が終了を迎えても新番組で「中居正広」の新たな魅力を「テレビ局」も引き出そうとしているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。