二宮和也★パズル&ドラゴンズ&大親友を告白★ファンからさすがの声続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★パズル&ドラゴンズ&大親友を告白★ファンからさすがの声続出」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「BAY STORM」「bayFM」が、「3月24日」に放送されました。

この日もさまざまな「メッセージ」が取り上げられましたが、中盤では「大親友がいる」という「リスナー」から、「プリクラを撮りすぎて「親友に」「お金の無駄使い」と言われ、その言い方に不満を持った」という報告が届きました。「二宮和也」はこれに笑いながら、「「この間撮ったからいいじゃん」でいいよね」と言葉の「キツ」さに同情しつつ、「馴染みの距離感なのかな、大親友だからこそ」と「フォロー」を入れていました。




そんな流れから、「二宮和也」は「スタッフ」に「大親友っていますか?」と話しかけ、「いません」との回答を得ます。「二宮和也」は「やっぱりねー」と言いつつ、「大親友、俺も「誰なの?」って言われても、いないのよ」と告白します。続けて「誰が生み出した言葉なんだろう。すごいですよねこれって、いない人間からすると。いや、もうだから「神様」みたいなこと言われてるのと一緒なの。自分が信じてればいるんだろうけど、架空の感じなのよ」「めちゃくちゃポジティブでピュアだよね」と、自身の「“親友”」に対する持論を展開しました。

その後、「二宮和也」は「俺もだって、パズドラしかいないもん。親友って」と、以前から熱中し続けている「ゲーム」「パズル&ドラゴンズ」に言及しました。「設定があるじゃん」と「ゲーム」内で使える「“親友”」という「システム」を挙げ、「あれしかないもん、親友って言える人たち」と断言しました。

「リアル」な親友については名前が挙がりませんでしたが、「二宮和也」は「男の子だからなのかな。そういうことを確認して生活しない人たち多いじゃない。「俺たち親友だよな」って」と、男性特有の感覚が影響していることを示唆しました。最後には、話のきっかけになった「メッセージ」について触れ、「そうじゃないんだよ。大親友に言われたのが嫌ってことだもんね。そうだよな、「プリクラを」撮りたかったらお金出してあげるって言うしかないのかな」とぼやいていました。




「二宮和也」の「“親友論”」について、「リスナー」からは「ニノの親友に対する考え方、いいなあと思った。確かに「親友だよね!」って確認したことないわ」「私も親友っていないなあ。好きなことを「“親友”」って呼ぶのはいいかも!」「まさか親友の話でパズドラが出てくるとは「笑」。さすがニノだね」という声が寄せられました。

同番組ではたびたび「パズル&ドラゴンズ」の話題で盛り上がっていますが、「“親友”」と言われてすぐに思いつくほど「ゲーム」をやりこんでいることに、「ファン」も感心していたようです。

「二宮和也」の回答に「ファン」は納得してしまったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。