中間淳太★動かれへんな&子泣きじじい化★男性に困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中間淳太★動かれへんな&子泣きじじい化★男性に困惑」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「3月23日深夜」は、「中間淳太」が専門家からの知識を借りて運動音痴を克服する「コーナー」「運動音痴をパーフェクトに克服!中間流メソッド」が放送されました。

「スタジオ」で、今回の「テーマ」が「ダーツ」と発表されると、「大好き~。マイダーツとか持ってた~。一時期やってました!」と反応したのが「濵田崇裕」でした。「桐山照史」も「濱ちゃん、ハマってたねえ」と同意し、どうやら「メンバー」の中では「ダーツ=濱田崇裕」の様子でした。海外の大きな大会では賞金が「4000万円」だと「中間淳太」が明かすと、「「ダーツ」やってできたらモテるよね?」と「小瀧望」は下心をのぞかせ、その横で何度も無言で「濱田崇裕」は頷いていたのでした。




まず、何度か矢を投げてみる「中間淳太」でしたが、「ダーツ」は「10年」ぶりとのことで、飛んでいく方向が「バラバラ」で、「ボード」にすら当たらない「“想定通り”」の実力が判明しました。そんな「中間淳太」が挑む今回の最終目標は、矢を「5回」投げ、そのうち「2回以上」を的の中央に入れることでした。的の中央で「ブル」と呼ばれる「ゾーン」は直径わずか「4センチ」しかなく、「中間淳太」にとってはかなり難しい挑戦です。この目標に挑むため、まず最初に専門家から提示された「メソッド」は「子泣きじじい作戦」というものでした。

矢を投げるときに足元の動きが不安定だった「中間淳太」を見て、考案されたというこの作戦です。専門家が自ら「“子泣きじじい”」となり、「中間淳太」の足にしがみついて足元を安定させるという、不思議な絵面の作戦なのですが、これが効果てきめんです。「確かに動かれへんな」と「ボヤ」く「中間淳太」に、「まあ止められとるからな」と「スタジオ」で「藤井流星」は思わず「ツッコミ」します。実際にこの作戦を取り入れて矢を投げると、「中間淳太」の体は「ブレ」ることなく、投げた矢の位置も安定し始めたのでした。

その後、さらに上達するために提示された「メソッド」は、「好きな曲のリズム作戦」でした。これは、曲に合わせて一定の「リズム」で矢を放ち、腕の動きを均一化させるための作戦だといいます。ここで「中間淳太」は、「ジャニーズWEST」の「アルバム」「WESTV!」「2018」に収録されている「ONI-CHAN」という、「中間淳太」と「藤井流星」の「デュエット曲」を「チョイス」しました。すると、矢の位置がみるみる安定していき、「すごくないですか!?」と「中間淳太」も自身の変化に驚きを隠せない様子でした。




上達したところで、最終目標に挑んだ「中間淳太」は、見事「ブル」に「2回」矢を入れることに成功しました。「ホッ」とした表情で「よし!あ~、2本いったよ!」と「ガッツポーズ」をして、今回も運動音痴を「パーフェクト」に克服したのでした。

「ネット」上では、「中間淳太」が選曲した「ONI-CHAN」への反応が大きく、「突然の「ONI-CHAN」に驚き!ナイス選曲です、淳太くん!」「まさか地上波で「ONI-CHAN」聞くとは「笑」」「「ONI-CHAN」でダーツとかノリノリで楽しそう!マネしてみよう!」と思わぬ「サプライズ」に歓喜していました。

「子泣きじじい化」で余裕が出てきてと思えば「ONI-CHAN」を選曲するあたりに「中間淳太」の「センス」を感じてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。