松岡昌宏★数珠ブレスレット愛用者★5個も10個もつけてる人★見解語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★数珠ブレスレット愛用者★5個も10個もつけてる人★見解語る」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「3月24日」の放送では、「松岡昌宏」がいつも身につけている「“数珠ブレスレット”」について語る場面がありました。

「つけているとパワーを感じたり、いいことが起こったりするブレスレットを作る友人がいるんです。松岡さんがしているブレスレットは、なにか意味があるのですか?」という趣旨の質問を「リスナー」から受けた「松岡昌宏」は、「僕もまったく同じ」と言いながら、「これは、京都のあるオバちゃまが作ってくれてて」といつも自身が着けている「数珠ブレスレット」について説明しました。「“オバちゃま”」とは「松岡昌宏」が「16歳」の頃から付き合いがあるそうで、「数珠ブレスレット」はお守りとして身につけているとのことでした。




数珠については、つけ方や種類がさまざまあり、「難しいんですけど」と悩む「松岡昌宏」。ですが、「人それぞれ価値観が違うから思ったりするんだろうけど、その人が良ければいいのよ!」と「キッパリ」。「たまに、「数珠を」5個も10個もつけてる人もいるじゃない?もう、その人はその人でいいのよ!」と続け、「あんま気にしすぎると、ちょっと疲れるからね」と語りました。

また、「松岡昌宏」は占いや「スピリチュアル」に関連して、過去にいろいろ助言されたことがあったそうです。ですが、「ある程度で聞いておかないと。全部信じちゃうと、自分がいなくなっちゃうからさ。占いもそうなんだけど、こういった類いのものは、あの〜、ホント、心のちょっとアレに」とほどよい距離感で付き合うことを推奨していました。

そして「ま、全然違うとこの「数珠」を前もしてたし。その時その時でいいんじゃないっすか。「自分に」合わないと思ったら、しなきゃいいだけであって」と話し、「数珠ブレスレット」はお守りではありますが、それほど大きな意味はないとまとめていました。




また、友人の子どもから、「ビーズ」で作った「ブレスレット」の「“お守り”」を渡された経験も告白します。「松岡昌宏」は、その「ブレスレット」をしばらく着用していたらしく、子どもから「テレビでつけてるの見たよ!つけててくれてありがとう!」と喜びの報告があったようです。それを聞いて「松岡昌宏」は安心し、「もういいか」と思って外したものの、「邪険にはできないでしょ?」と、「ブレスレット」をつけた状態で写真を撮り、子どもに送ったのだそうです。「すげえ気ぃ使うのよアレ!子ども心は一生残るからね!」と笑いながら振り返ったのでした。

お世話になっている人が作った数珠をお守りにしていたり、子どもの気持ちを慮ったり、「松岡昌宏」の人柄がよくわかる放送回でした。

男前な「松岡昌宏」の考え方に「ファン」も改めて共感してしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。