山田涼介★Oh! my darling決定で波紋★優遇しすぎの声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「山田涼介★Oh! my darling決定で波紋★優遇しすぎの声も」の事をお伝えしたいと思います。

「ニューシングル」と、「グループ名義」では初となる「DVDシングル」の「2週連続リリース」が決定した「Hey!Say!JUMP」です。「5月22日発売」の「シングル」「Lucky-Unlucky/Oh! my darling」は、「メンバー」の「山田涼介」が歌う「ソロ曲」との「両A面シングル」となりますが、「一部ファン」からはそんな「山田涼介」への批判が噴出しているといいます。

新曲「Lucky-Unlucky」は「知念侑李」が主演を務め、「4月22日」から「スタート」する「深夜ドラマ」「頭に来てもアホとは戦うな!」「日本テレビ系」の主題歌に起用された楽曲となっています。「山田涼介」の「ソロ曲」「Oh! my darling」は、単独出演する「コーセーコスメポート」「ラチェスカ」の「CMソング」になっています。こちらは「CD+DVD」に加えて「グッズ」もつく「初回限定盤1」「JUMPremium BOX盤」、「初回限定盤2」「CD+DVD」、通常盤「CDのみ」の「3種販売」で、「5月22日リリース」とのことです。「ソロ名義」での「シングルリリース」は、「2013年」の「ミステリーヴァージン」以来、「6年」ぶりとなります。




その翌週には、「DVDシングル」「愛だけがすべて -What do you want?-」も発売されます。「TOKIO・松岡昌宏主演」で、「JUMP・伊野尾慧」も出演する「4月19日」開始の「ドラマ」「家政夫のミタゾノ」「テレビ朝日系」の主題歌で、販売形態は「DVD+グッズ」の「初回限定盤1」「JUMPremium BOX盤」、「初回限定盤2」「ミタゾノ盤」、通常盤「DVD+CD」の「3形態」です。「初回盤2」では「松岡昌宏」演じる「三田園薫」が「ジャケット」を飾っており、「ミュージックビデオ」でも衝撃の「コラボレーション」が実現するようです。

「ファン」にとっては、楽しみな「2週連続リリース」ですが、「両A面シングル」に関して、「山田涼介」に対する手厳しい声も出ています。「なんで山田だけソロなの。みんなのソロ出してよ。山田だけ特別感があってイヤ」「8人でやればいいのに、なんでわざわざ山田ソロでやるの?山田ばっかり優遇するのそろそろやめて」「山田くんのソロは正直いらない。ソロデビューしてるんだから単独でCD出せば良いのに」「グループ内格差もいい加減にしろよ。JUMPは山田だけじゃないんだよ」と、批判的な意見も少なくありません。

「山田涼介」が出演中の「ラチェスカ」「CM」は、もともと全員で出ていたのですが、いつしか「山田涼介」単独に変わっていました。さらに、「前シングル」「COSMIC☆HUMAN」「18年8月発売」の「初回限定盤2」に、「山田涼介」が所属する「グループ」「内ユニット・Hey!Say!7」の楽曲「やんちゃなヒーロー」が収録され、「DVD」には「ビデオクリップ」と「メイキング」が入りました。「一部ファン」は、こうした「山田涼介」の活動に不満を抱いており、「“山田叩き”」が加速しているのでしょう。

「山田涼介」を目の敵にする「ファン」の一方、「山田のソロを批判してる方がいてビックリ。きっとJUMPにとってはプラスにつながると思う」「なんで山田が叩かれてるの?CMもソロ曲も本人が決めたんじゃない。なんでおめでとうって言えないの?」「メンバーの仕事はグループでも個々でも素直にうれしい」と前向きな「コメント」も見られ、中には「この山田ソロは、低迷してる売り上げを持ち直すための起爆剤だと思う」といった指摘もあるようです。




実際、最近の「JUMP」の「CDデータ」を振り返ると、昨年「8月発売」の前作「COSMIC☆HUMAN」は「13万390枚」を売り上げ、「オリコンデイリーシングルランキング」で「1位」を獲得したものの、「15年10月発売」の「キミアトラクション」「11.8万枚」に次ぐ「低スタート」。週間記録も「22.1万枚」と、前作の「マエヲムケ」「18年2月発売、初週24.5万枚」を下回る結果となりました。

「JUMP」は「2014年」後半頃から徐々に「ブレーク」し始め、「山田涼介」のほか「伊野尾慧」の露出増加も重なって「若手人気トップ」に躍り出た印象です。「16年4月」には、「伊野尾慧」が情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」の「木曜レギュラー、バラエティ」「メレンゲの気持ち」「日本テレビ系」の「MC」に参加するなど、目覚ましい活躍を見せていました。「嵐」に続く「国民的グループ」になれるかと思われたものの、「16年9月」に「伊野尾慧」が「AV女優・明日花キララ」との「“シンガポール密会”」を一部週刊誌に「スクープ」され、同年「12月」にも「TBS」の「宇垣美里、フジのアナウンサー・三上真奈」を巡る二股交際疑惑が浮上しました。昨年には、「山田涼介」と「モデル・宮田聡子」の極秘交際、「有岡大貴」と「女優・松岡茉優」の「“ひとつ屋根の下”」熱愛が発覚し、「ファン」は大きな悲しみに包まれました。現在は勢いが失速し、人気は「“停滞気味”」だと感じます。

さらに、「メンバー」の「岡本圭人」は「昨年9月」より「ニューヨーク」の演劇学校に留学しており、「グループ」は本来の形ではないまま活動を続けています。「JUMP」の将来に期待しているのであれば、今は山田を非難するよりも、「ファン」が一丸となって応援していくことが大事なのかもしれないですね。

「ジャニーズ事務所」も「山田涼介&他メンバー」との差別化をしているようにしか「ファン」としては思えませんよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。