気を使うジャニーズ3名暴露★玉森裕太さん&大野智さん&横山裕さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「気を使うジャニーズ3名暴露★玉森裕太さん&大野智さん&横山裕さん」の事をお伝えしたいと思います。

一挙手一投足が全て伝わる「テレビ」とは違い、雑誌や新聞の「インタビュー取材」では、常に「カメラ」を意識する必要もないだけに、「テレビ」とはまるで違う態度を見せる「タレント」も多くいるといいます。「アイドル」として、日々「カメラ」の前の「ファン」に笑顔を向ける「ジャニーズタレント」も例外ではなく、中にはあまりに「テンション」が低く、編集者や記者を困惑させる者もいるようです。今回は、「マスコミ関係者」が、特に気を使う「ジャニーズタレント」の「一部」を明かしました。

★「マスコミ関係者」たちが、揃って「暗い」と言うのが、「Kis-My-Ft2玉森裕太さん」です。




本人に悪気はないと思うのですが、「インタビュー」の「30分間一度」も「テンション」が上がらないといったことが当たり前のようです。特に「マスコミ」を「バカ」にしているとか、「スカ」しているみたいなこともないのですが、とにかくずっと暗い雰囲気で受け答えをするので、こちらとしてはかなり気を使う取材対象です。

★「玉森裕太さん」と同じく「やる気がない?」と誤解されがちなのは、「」の「リーダー大野智さん」だといいます。

大野智さん」はもともと、「テレビ」などでも「テンション」の低い「キャラ」ではあるのですが、実物もあのままのようです。声も小さく、「ハキハキ」としたしゃべりには期待できないようです。素直に思ったことを話してくれるのですが、「ファン」を喜ばせようという「サービス精神」はあまりないようで、「モチベーション」の低さが露呈してしまうような発言や、「ネガティブ」な「コメント」をすることがあり、誌面ではどうやって盛り上げようか、気を使ってしまいます。




そして、ここ「10年」ほどで、最も取材がやりづらい「ジャニーズタレント」「アイドル誌記者」と言われているのが、「関ジャニ∞・横山裕さん」です。

何度「インタビュー」をしても、相手とほとんど目を合わせないし、期待した答えもまず返ってこないようです。「インタビュアー」は、どうにかしゃべってもらわないとと、気を揉むことになります。頭はいいので、誌面に載った時には「キチン」と形になるような「コメント」を、的確に出してくるのですが、「ちゃんと考えることもしゃべることもできるのになぜあんな態度なのか?」と、記者の間で反感を買ってしまっているようです。同業者界隈でも、「横山裕さん」の評判は「一律」悪いようです。人見知りなのかもしれませんが、本人としても損をしているだけだと思います。

今回の「3人」に関しては、いずれも「決して悪気はないのでしょうが」という声が、少なからず付け加えられています。「インタビュアー」たちの心の声は、果たして本人たちに届くのでしょうか。

ジャニーズアイドル」も「1人」の人間ですから「ファン」の前以外にも愛想よく居るのも大変ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。