WEST★グループの方向性語る★幻滅&向上心の欠片もない&ファン失望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「WEST★グループの方向性語る★幻滅&向上心の欠片もない&ファン失望」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」出身の「7人」で結成され、「2014年4月23日」に「CDデビュー」を果たした「ジャニーズWEST」です。丸々「5周年」が目前に迫る中、発売中の雑誌「SODA」「2019年5月号」「ぴあ」では表紙を飾っており、今年「1月3日~3月24日」にかけて行われた「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2019 WESTV!」などについて振り返っていますます。その中で「メンバー」が語った「グループ」の方向性について、「ファン」から「幻滅」「悲しい」と、否定的な声が上がる事態となりました。

「ジャニーズWEST」は関西発の「グループ」とあって、「デビュー曲」「ええじゃないか」を皮切りに、「ジパング・おおきに大作戦」「ズンドコ パラダイス」「バリ ハピ」など、「“お祭り騒ぎ”」「テイスト」の楽曲が持ち味です。昨年「5月」に「デビュー」した「王道アイドル路線」の「King&Prince」らとは異なり、「バラエティ色」を前面に打ち出した衣装や、「パフォーマンス」が魅力の一つです。

そんな中、昨年「12月発売」の「アルバム」「WESTV!」に収録されている「YSSB」は「EDM調」のかっこいい「ナンバー」で、「ファン」の間でも人気だといいます。「コンサート」で披露した際も大いに盛り上がっていたそうで、「SODA」の「インタビュー」では、「YSSB」人気を踏まえたうえで、「ライブ」以外でも「クールでかっこいい姿」を見せるつもりはないのか「メンバー」に質問しました。




これに対し、「藤井流星」は「それはあんまないですねぇ。そこは俺らの意思やし、スタッフさんたちも含めた総意で」と、「コメント」しました。さらに、「桐山照史」が「僕たちは、見てる方に恋をしてほしいとかじゃなくて、一緒に何か楽しみたい っていうのが根本にあるんで。キャーキャー言うよりも、みんなで笑うほうが楽しいじゃないですか」と続き、「神山智洋」も「キャーキャー言わしてくれるグループは他にもいるからね?」と、考えを明かしました。

「中間淳太」は、「WEST」の「カッコイイ」一面は、「“ライブに来てくれれば見れる”」と、「キッパリ」。何かの「タイアップ」で「シングル」を「リリース」する機会がない限り、「クール系」の楽曲で自分たちを売り込んでいく気持ちはないと断言しています。また、「桐山照史」は「てかファンはそこらへんもわかってるやろ!わざわざ俺らが言わんでも「笑」」と、「WESTファン」なら理解していると予想しました。また、彼らは昨年大みそかの「ジャニーズカウントダウン2018-2019」で「QUEEN」の「フレディ・マーキュリー」の扮装を見せましたが、「神山智洋」は「ああいう、新規ファンを獲得できるかもしれない大きな番組でアレをやるって、勇気の要ることやと思うんですよ」などと、誇らしげに語っています。

「中間淳太」は、昨年「3月」の「ラジオ」「関ジャニ∞村上信五とジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!」「文化放送」内でも、「グループ」を取り巻く現状について、「「みんなで楽しけりゃいいや」って感じなんですよね、正直。ぶっちゃけ。昔はそりゃデビューしたての時とかは「テッペンいきたい」とか言ってたけど、なんかそれじゃないなって。結局このメンバーと、いろんな人と出会って、出会えてる時点でゴールに近いのかなって」と、持論を展開しました。「桐山照史」も「中間淳太」に同調していたため、番組を聞いた「ファン」の間では「向上心なさすぎ」などと、辛らつな声が上がってしまいました。

そして、今回の「SODA」での発言を受け、「ネット」上の「ファン」からは「幻滅。ファンはWEST7人のカッコイイところが見たいのに」「「てっぺんは目指してない」「カッコイイ姿を売り出す気はない」って、普通にショック。今までの気迫は何だったの?」「本人たちに向上心の欠片もなくて腹立つ」と、手厳しい感想が相次いでいます。




また、「藤井流星」の「俺らの意思やし、スタッフさんたちも含めた総意」という言葉について、「WESTとスタッフの意見があって、なぜそこにファンの意見を入れることができないのか、意味がわからない」「ファンのみんなはどう思うか、とか考えてくれなかったわけ?」「WESTが目指してるところとファンが求めてるところに、多少のズレを感じる」と、多くの「ファン」が落胆していました。

「WEST」に関しては、「3月23日」の「コンサート」で「コント」を行った際、「小瀧望」が「濵田崇裕」に「“中指を突き立てるポーズ”」を向け、「桐山照史」に止められる場面があったようです。これにより、「一部ファン」が「海外なら攻撃的なサインになっちゃう。コンサートに来てるのは日本人だけじゃない」などと問題視していたようです。そんな中で雑誌の「コメント」も重なり、失望した「ファン」も少なくなかったのでしょう。「ファン」をやめることを指す「“担降り”」を宣言する人も見受けられ、騒ぎを知ったほかの「ジャニーズファン」からも「雑誌読んだら離れたくなる気持ちがちょっとわかった」と納得の反応が出ています。

今年「1月リリース」の「WEST」の「シングル」「ホメチギリスト/傷だらけの愛」は、「オリコン週間ランキング」で「初週1位」を獲得し、売り上げは「13.8万枚」を記録しています。近年の「デビュー組」の「シングル」と比較すると、「Sexy Zone」の「カラクリだらけのテンダネス/すっぴんKISS」「昨年12月発売」は「初週16.5万枚、Kis-My-Ft2」の「シングル」「君を大好きだ」「今年2月発売」は「初週売り上げ29.7万枚」で、「King&Prince」の「2ndシングル」「Memorial」「昨年10月発売」は「初週40.1万枚」と、「大ヒット」を遂げています。「4月24日」には「小瀧望」が出演する「連続ドラマ」「白衣の戦士!」「日本テレビ系」の主題歌「アメノチハレ」を「リリース」しますが、果たして前作よりどれほど記録を伸ばせるのでしょうか。

他の「グループ」との方向性は違えども「ファン」としては頂点を目指して欲しいと思うものですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。