神宮寺勇太&高橋海人★DESHIIRI★スタッフから突然の最終回発表にあ然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「神宮寺勇太&高橋海人★DESHIIRI★スタッフから突然の最終回発表にあ然」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で、本物の「エンターテイナー」から熱い教えを受ける「コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」を担当している「King&Prince」です。「3月25日~29日」は先週に引き続き、「神宮寺勇太」と「高橋海人」が「マーチングバンドYOKOHAMA ROBINS」に弟子入りし、約半年間続いた「コーナー」の最終回を飾りました。

大小「6個」の太鼓が連なった、「12キロ」の重量がある「“テナードラム”」を担当することになった「神宮寺勇太」と「高橋海人」ですが、今回挑戦する課題曲は、「King&Prince」の「デビュー曲」「シンデレラガール」「2018」です。「自分たちの曲をやるっていうのは、すごいモチベーションになりますね」と意気込む「2人」ですが、「マーチング」では「アクロバティック」な動きや「フォーメーション移動」をしながら楽器を演奏しなければならず、そう簡単にはいかないことばかりです。




「リズム」を刻んでいる途中で「スティック」を回転させる「“トリック”」という技では、「神宮寺勇太」が一発成功を決めるも、「高橋海人」は何度も失敗します。重い太鼓を背負い、動きに制限がかかっていているため、落ちた「スティック」を「高橋海人」が「師匠!」と言って拾わせてしまった場面では、「お前、師匠に取らせたな!?」と「神宮寺勇太」から注意されていました。

ですが、少し練習すると「2人」とも完璧に技を習得し、これには師匠も「すごい!」と絶賛します。そして、褒められるとすぐに「今週の「ZIP!」希望の光すごくない?」「高橋」「ね、やばい!」「神宮寺」と調子に乗る「2人」でしたが、難関の「フォーメーション練習」で、「“希望の光”」が消えかけることになりす。

「ダンス」と歌を披露する「アイドル」だけに、動きだけなら完璧にこなせますが、「12キロ」の楽器を持っての移動となると話は別です。「うわっ、待って。トラブル、トラブル!」「高橋」「ちょっと待って。ヤバイヤバイ。ごめんなさい!マジヤバイ!」「神宮寺」と悲鳴を上げ、楽器の重さに振り回されて思い通りに動けない「2人」でした。周囲の演奏者たちも、それぞれが楽器を持って動き回るため、「怖い!」と怯えている状態でしたが、ついに本番を迎えます。




すると突然、「スタッフ」から「あっ、すみません!ちょっと忘れてました。大事なこと忘れてました。あの、「DESHIIRI」のコーナー、これ最終回です」と重大発表がありました。これには「神宮寺勇太」が思わず「ウソでしょ!?」と驚き、「高橋海人」も「プレッシャーのかけ方、荒っ!」とあ然とします。それでも「2人」は一度も失敗することなく、見事に「マーチングバンド」の一員として練習の成果を発揮しました。「自分たちらしくできたから、最終回としてはもうマルなんじゃないかなと」「高橋」「最高の「DESHIIRI」最終回になったんじゃないかなと思いました」「神宮寺」と胸を張り、「コーナー完結」を迎えたのでした。

「4月」からは、「MEDAL RUSH」という新企画が「スタート」します。「King&Prince」が体を張って「東京オリンピック・パラリンピック」の全競技に挑戦するという「コーナー」です。早くも「ファン」から「4月からも楽しみ!」「次も頑張って!」「またKing&Princeのことが見られるのうれしい~!」と期待の声が寄せられています。かっこいい「King&Prince」の姿を見せてくれることを期待したいものですね。

「DESHIIRI」が終わってしまうのは寂しい気持ちになりますが「4月」から「スタート」の「MEDAL RUSH」の新企画に新たな「キンプリ」の魅力を発掘したいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。