岸優太★持ち込み企画★本当に申し訳ない&謝罪の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★持ち込み企画★本当に申し訳ない&謝罪の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「3月30日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」です。今回は、番組開始から「5年」の節目を迎えたということで、これまで泣く泣く「カット」された「未公開シーン」が大放出されました。

「山下智久」を「ゲスト」に迎えた回「2018年7月28日」では、「KinKi Kids」の「バックダンサー」を「4年」ほど経験した「山下智久」が、「KinKi Kidsの曲がかかると、体が反応してダンスをしてしまう」という特技を披露しました。さまざまな場面で「KinKi Kids」「3枚目」の「シングル」「ジェットコースター・ロマンス」「1998」をかけ、「山下智久」が即座に踊り出すという内容が放送されていました。「未公開シーン」では、「雨のMelody」「1999」がかかっても、完璧に踊りこなす「山下智久」の姿がありました。ですが、「KinKi Kids」の「2人」はそんな「山下智久」の踊っている姿をまったく見ず、「4年は長いよね」「堂本剛」「4年は長いよ」「堂本光一」と「コメント」しました。「山下智久」を苦笑いさせていたのでした。




その他に、「中山優馬」と「生田斗真」が「ゲスト」の回「19年2月16日放送」では、「ジャニーズ事務所」の後輩である「中山優馬」が、「KinKi Kids」と「生田斗真」に得意の料理を振る舞い、その味を絶賛される姿が放送されていました。「未公開シーン」では、「堂本光一」が「歌番組に「“さかなクン”」がいてさ。「KinKi Kidsの」間にさかなクンを入れて「“キンキ3人組”」になった」という「エピソード」を話し、「中山優馬」が突然「「キンキですね〜」って言ったんですね」と「さかなクン」の「モノマネ」をするという場面が登場しました。

この「モノマネ」に、「クオリティー高いね!」「剛」「無駄に似てるやないか!」「光一」と「KinKi Kids」が爆笑しながら大絶賛すると、「ありがとうぎょざいます!」と畳み掛けるように「さかなクン」の「モノマネ」をする「中山優馬」でした。その流れで、「さかなクンに顔が似ている」と言われたことから、「さかなクン」との共演機会が増え、「モノマネ」を練習するようになったと明かされました。これを聞き、「真面目!」「光一」「えらいよ」「剛」と、またしても「KinKi Kids」は「中山優馬」を称賛していました。

また、「King&Prince・神宮寺勇太」と「岸優太」が「蕎麦&カレーの大人の楽しみ方」を学んだ回「19年3月16日放送」の「未公開シーン」は、「車のエンジン音でどこのメーカーか当てられる」という特技を持つ「神宮寺勇太」が、「KinKi Kids」と「ききエンジン音クイズ」をする、持ちこみ企画を開催しました。




車好きで知られる「堂本光一」と「神宮寺勇太」の接戦が期待されましたが、「第1問」は「岸優太」が正解します。不正解だった「神宮寺勇太」は、「僕も2択だったんですよ 似てて」と必死の言い訳をしますが、「第2問」は全員不正解となります。最終問題では、「岸優太、堂本剛、堂本光一」の「3人」が正解し、「神宮寺勇太」のみ不正解となりました。結果、車の知識がほとんどなく「全然わかんないな~」を連呼していた「岸優太」が優勝します、謎の展開に。「本当に申し訳ない!なぜか1位になっちゃいました」と驚く「岸優太」と、「今年イチ恥ずかしいですね」とうなだれる「神宮寺勇太」でした。

番組を見ていた「ファン」からは、特に「神宮時勇太&岸優太」の「未公開シーン」への反応が多く、「ネット」上には「神宮寺くん、自分の持ち込み企画もいいこと見せられず。でも、おもしろい展開になってよかったね!」「ポンコツな神宮寺くんかわいいね~!そしてこういう時にしっかり正解する岸くんはすごい「笑」」「車に詳しくない岸くんが勝ってしまうなんて、いろいろな意味で持ってる!さすが!」などの「コメント」が投稿されていました。

「キンプリファン」とすれば持ち込み企画で「岸優太」が勝ってくれたことに意味がありますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。