安井謙太郎★退所前日★ジャニーさんの世界が大好き発言★ファン感激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「安井謙太郎★退所前日★ジャニーさんの世界が大好き発言★ファン感激」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.」「内ユニット・Love-tune」の「メンバー」だった「安井謙太郎」が、「3月31日」をもって「ジャニーズ事務所」を退所しました。前日「30日」には、「メインMC」を務めた「ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1、午後9時台」に出演し、同じく「MC」の「HiHi Jets・高橋優斗」とともに番組から卒業しました。最終回では「リスナー」に別れを告げたほか、「ジャニー喜多川社長」に関する「コメント」も飛び出しました。

昨年「11月30日、ジャニーズ事務所」は「Jr.」の「ファンクラブサイト」「ジャニーズジュニア情報局」を通じて、「Love-tuneメンバー7人」の退所を発表しました。昨年「12月」までに「6人」が事務所を去り、「安井謙太郎」の退所は「2019年3月31日」と「アナウンス」されていました。これに伴い、「16年4月」より務めていた「らじらー!サタデー!」の「MC」も、「相棒・高橋優斗」と揃って今年「3月末」で卒業することが明らかになりました。




最後の「ラジオ出演」となる「3月30日」放送回では、冒頭から「ハイテンション」の「安井謙太郎&高橋優斗」でした。「3年間」お世話になった「スタッフ」が「スタジオ」に大集合しているといい、「リスナー」からも「2人」へ向けた感謝の「メッセージ」が多数寄せられるなど、「アットホーム」な雰囲気で進行しました。番組終盤には、「安井謙太郎」が「僕たちからのリクエスト」と「光GENJI」の「シングル」「勇気100%」を挙げた上で、「やっぱね、ジャニーズといえば、この曲なんじゃないかなと。僕たち思ってまして。本当に良い曲なので。僕も、やっぱジャニーさんの作る世界が大好きなのでね。この曲を聞いてください」と「コメント」しました。

「エンディング」の「フリートーク」では、「高橋海人」が「らじらー!」「パーソナリティ」に抜てきされた時のことを振り返り、「リスナーもね、最初は「“誰だこいつ”」と思ってたんでしょうけど、回を重ねるごとに、みなさんがね、どんどん応援してくれるようになって。今の仕事できるのも、この番組のおかげだし。スタッフさんもスゴい支えてくれて。謙ちゃんがね、スゴいなんか、ずっと育ててくれてて」などと、言葉に詰まりながら涙声で「トーク」しました。そして「安井謙太郎」は、「みなさん、本当にありがとうございました。「番組卒業とジャニーズ退所は」僕にとっては新しい門出ということになるんですけども」と触れた上で、

「こうやってジャニーズ事務所11年間くらいやらせていただいて。最初は、こういう活動した時、誰も知らないわけじゃないですか、僕のこと。でも、それをこうやって11年間やって、これだけたくさんの方がね、僕の新しい旅立ちを知ってくださって」




と、「ジャニーズファン」へ「メッセージ」しました。続けて、「これからも僕、人生楽しいこと、ワクワクすること、どんどん探しながら、安井謙太郎生きていこうと思うので。これからもよろしくお願いします」と、しっかりとした口調で挨拶しました。その後は「本当に優斗、大変だったと思うね」と「高橋優斗」を労い、「育てた覚えはマジでないから!隣に並んで、俺は優斗とバカバカ笑いながら、この9時台ができたことが、この土曜日が3年間ずーっと楽しかった」と、総括しました。そして、最後まで「お前、ダメだ!泣くんじゃない、バカお前!」と「高橋優斗」を「リード」しつつ、「ラスト」は「ジャニーズJr.の安井謙太郎と」「高橋優斗でした!」と「2人」で締めくくりました。

この放送を受け、「ファン」からは「退所の経緯はどうであれ、安井くんはジャニーさんのことを本当に尊敬してるんだろうな」「事務所を退所する前日に「ジャニーさんの作る世界が大好き」と言った安井くん、すごい」「やっぱり安井くんは伝説のジャニーズJr.」と感激の声が相次ぎました。

一方、「31日」には「元Love-tuneメンバー」の「真田佑馬、阿部顕嵐、長妻怜央、森田美勇人、諸星翔希」が「TOKYO MX FES2019」内の「イベント」「真田佑馬と阿部顕嵐のつなげるつなげるつなげる」に登場しました。「真田佑馬&阿部顕嵐」以外の登場は「サプライズ」だった上に、舞台「「仮面ライダー斬月」-鎧武外伝-」公演のため京都に滞在していた「萩谷慧悟」も「テレビ電話中継」で参加し、「ファン」を驚かせました。「3月末」で退所した「安井謙太郎」との「“合流”」を期待する声も出ており、今後の動向に注目が集まります。

「安井謙太郎」の「ジャニーズ」で過ごした「11年間」はこれからの人生に役立っていくことは間違いないでしょうね。とりあえずお疲れ様と言いたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。